ポスト

進化を続けるサイバー犯罪の中でも、電子メールを標的とした詐欺行為は、「Business Email Compromise(ビジネス・メール・コンプロマイズ)」と呼ばれています。企業、政府機関、非営利団体を対象としたBEC攻撃は、膨大な量のデータ損失、セキュリティ侵害、金融資産の漏洩につながります。サイバー犯罪者は通常、多国籍企業や企業レベルの組織を標的にしているというのは、よくある誤解です。最近では、中小企業も大企業と同様にメール詐欺の標的となっています。 

BECは組織にどのような影響を与えるか?

BEC攻撃の例としては、フィッシング、CEO詐欺、偽の請求書、メールスプーフィングなどの高度なソーシャルエンジニアリング攻撃が挙げられます。 また、BEC攻撃は、権威的な立場の人物になりすまして企業からの資金を詐取しようとする「なりすまし攻撃」とも呼ばれます。CFO(最高財務責任者)やCEO(最高経営責任者)、ビジネスパートナー、あるいは盲目的に信頼を置く人物などになりすますことで、これらの攻撃を成功させることができます。

2021年2月、ロシアのサイバーギャング「Cosmic Lynx」の活動が、BECに対する洗練されたアプローチで捉えられていました。このグループは、2019年7月以降、世界46カ国以上を対象に、グローバルに展開する巨大な多国籍企業を中心に、200件以上のBECキャンペーンを実施していることがすでに判明していました。極めてよくできたフィッシングメールで、人々が本物と偽物のメッセージを区別できないようにしています。

リモートワークにより、ビデオ会議アプリケーションは、パンデミック後の不可欠な存在となっています。このような状況を利用して、サイバー犯罪者は、ビデオ会議プラットフォームであるZoomからの通知を装った不正なメールを送信しています。これは、企業の大規模なデータ漏洩を行うためにログイン情報を盗むことを目的としています。

最近、BECの関連性が急速に表面化し、増加していることは明らかであり、脅威の行為者はより洗練された革新的な方法で不正行為を逃れようとしています。BEC攻撃は、世界の70%以上の組織に影響を及ぼし、毎年数十億ドルの損失をもたらしています。そのため、業界の専門家たちは、DMARCのような電子メール認証プロトコルを開発し、なりすましに対して高いレベルの保護を提供しています。

メール認証とは何ですか?

電子メール認証とは、電子メールの送信元に関する検証可能な情報を提供するために導入された多数の技術を指します。これは、メッセージ転送に関わるメール転送エージェントのドメイン所有権を認証することによって行われます。

電子メール転送の業界標準であるSimple Mail Transfer Protocol (SMTP)には、このようなメッセージ認証機能が組み込まれていません。このため、サイバー犯罪者は、セキュリティの欠如を悪用して、メールフィッシングやドメイン偽装などの攻撃を非常に簡単に行うことができます。そのため、DMARCのように、実際にその効果を発揮する効果的な電子メール認証プロトコルが必要とされているのです。

DMARCによるBEC攻撃の防止策

 

ステップ1:実装 

BEC攻撃に対抗するための最初のステップは、実際にあなたのドメインにDMARCを設定することです。DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting and Conformance)は、SPFとDKIMの認証規格を利用して、ドメインから送信されたメールを認証するものです。DMARCは、これらの認証チェックのいずれかまたは両方に失敗した電子メールにどのように応答するかを受信サーバーに指定し、ドメイン所有者が受信者の応答を制御できるようにします。したがって、DMARCを実装するためには、以下のことが必要となります。

  • お客様のドメインで許可されているすべての有効なメールソースを特定します。
  • お客様のドメインにSPFを設定するために、DNSにSPFレコードを発行してください。
  • お客様のドメインにDKIMを設定するために、DNSにDKIMレコードを発行します。
  • ドメインにDMARCを設定するために、DNSにDMARCレコードを発行する。

複雑な作業を避けるために、PowerDMARCの無料ツール(無料SPFレコードジェネレーター、無料DKIMレコードジェネレーター、無料DMARCレコードジェネレーター)を使って、正しい構文のレコードを即座に生成し、ドメインのDNSで公開することができます。

ステップ2:エンフォースメント 

あなたのDMARCポリシーは、以下のように設定できます。

  • p=none (DMARCは監視のみ。認証に失敗したメッセージは配信される)
  • p=quarantine (DMARCの実施。認証に失敗したメッセージは隔離される)
  • p=reject (DMARCを最大限に施行。認証に失敗したメッセージは全く配信されない)

メールの流れや配信の問題を監視できるように、監視のみを有効にしたポリシーでDMARCの使用を開始することをお勧めします。しかし、このようなポリシーでは、BECに対する保護はできません。そのため、最終的にはDMARCのエンフォースメントに移行する必要があるのです。PowerDMARCでは、p=rejectというポリシーを設定することで、受信サーバーに対して、あなたのドメインを使用した悪意のあるソースから送信された電子メールが、受信者の受信箱に全く配信されないことを指定することができ、モニタリングからエンフォースメントへのシームレスな移行をあっという間に行うことができます。

ステップ3:モニタリングとレポーティング 

DMARCポリシーをエンフォースメントに設定し、BEC攻撃を最小限に抑えることに成功しましたが、これで十分でしょうか?答えは、「ノー」です。電子メールの流れを監視し、配信上の問題に対応するためには、広範かつ効果的なレポートメカニズムが必要です。PowerDMARCのマルチテナントSaaSプラットフォームは、このようなお客様をサポートします。

  • 自分のドメインをコントロールする
  • 登録されているすべてのメール、ユーザー、ドメインの認証結果を視覚的に確認できます。
  • ブランドを偽装した不正なIPアドレスの削除

DMARCレポートは、PowerDMARCダッシュボード上で、主に2つのフォーマットで提供されています。

  • DMARC集約レポート(7種類のビューで利用可能
  • DMARCフォレンジックレポート(プライバシー保護のための暗号化機能付き

DMARCの導入、実施、レポート作成を総合的に行うことで、BEC攻撃やなりすましの被害に遭う可能性を大幅に減らすことができます。 

スパム対策フィルターを使用してもDMARCは必要ですか?

そうです。DMARCは、通常のアンチスパムフィルターやメールセキュリティゲートウェイとは全く異なる仕組みになっています。これらのソリューションは、通常、クラウドベースのメール交換サービスに統合されていますが、これらは、インバウンドのフィッシング攻撃に対する保護しか提供できません。あなたのドメインから送信されたメッセージは、依然としてなりすましの脅威にさらされています。そこで登場するのがDMARCです。

メールセキュリティ強化のための追加ヒント

 

DNS検索回数を常に10回以下に抑える 

SPF10ルックアップの制限を超えると、SPFレコードが完全に無効になり、正当なメールであっても認証に失敗することがあります。このような場合、DMARCを拒否に設定していると、正当なメールが届かなくなってしまいます。PowerSPFは、自動的かつ動的なSPFレコードフラットナーで、SPFのハードリミットを下回るようにサポートすることで、SPFパーメラーを軽減します。ネットブロックを自動更新し、メールサービスプロバイダがIPアドレスを変更した際には、お客様の手を煩わせることなく常にスキャンを行います。

送信中のメールをTLSで暗号化する

DMARCは、ソーシャルエンジニアリング攻撃やBECから保護することができますが、MITM(Man-in-the-middle)のような広汎なモニタリング攻撃に対しても準備する必要があります。これは、電子メールがドメインに送信されるたびに、SMTPサーバー間でTLSで保護された接続がネゴシエートされるようにすることで実現できます。PowerDMARCのホスト型MTA-STSは、SMTPにTLS暗号化を必須とし、簡単な実装手順を備えています。

メール配信の問題点をレポートする

また、SMTP TLSレポートを有効にすると、ドメインにMTA-STSを設定した後、メール配信の問題に関する診断レポートを得ることができます。TLS-RPTは、メールエコシステムを可視化し、配信失敗につながる安全な接続のネゴシエーションの問題に適切に対応するのに役立ちます。TLSレポートは、PowerDMARCダッシュボード上の2つのビュー(結果ごとの集計レポートと送信元ごとのレポート)で利用できます。

BIMIでブランド想起を増幅する 

BIMI(Brand Indicators for Message Identification)を使えば、受信者が受信箱の中であなたを視覚的に識別できるようにすることで、あなたのブランド想起度を全く新しいレベルに引き上げることができます。BIMIは、あなたのドメインから送信されるすべてのメールに、あなたのユニークなブランドロゴを添付することで機能します。PowerDMARCは、ユーザーが3つの簡単なステップを踏むだけでBIMIを簡単に実装することができます。

PowerDMARCは、DMARC、SPF、DKIM、BIMI、MTA-STS、TLS-RPTを含む一連のメール認証プロトコルをワンストップで提供します。 今すぐ登録して、DMARC Analyzerの無料トライアルをご利用ください。