ポスト

電子メールによる情報漏えいは、一時的な挫折をもたらすだけでなく、ビジネスの方向性を変えてしまうかもしれません。機密情報の漏洩は、人々や企業、政府にも深刻な影響を与える可能性があります。 

ハッカーは、インターネット、Bluetooth、テキストメッセージ、電子メール、またはあなたが使用しているオンラインサービスを通じてあなたにアクセスすることができます。 

十分な注意を払わないと、ちょっとした欠陥が重大なメールデータ漏洩につながる可能性があります。

電子メールが侵害されると、悲惨な結果になることがあります。ハッカーは、メールのヘッダー情報(アドレスやドメイン名など)になりすまし、フィッシングメールを送信し、その結果、企業のデータを消失させるのです。このような攻撃は単純で、すぐに検知して阻止できる場合もありますが、時には広範囲に影響を及ぼす場合もあります。 

もしあなたの会社が、顧客や従業員とのコミュニケーションに電子メールを主に使っているなら、電子メールのデータ漏洩を防ぐために、実行可能な手段を知っておく必要があります。

メール誤送信とは?

電子メール漏洩とは、電子メールアカウントへの不正アクセスを含む行為を表す用語です。電子メールアカウントは、個人的な通信やビジネス上の通信を保存する仮想のメールボックスです。

メールアカウントに侵入されると、メールを読まれたり、勝手に転送されたりする可能性があります。場合によっては、ハッカーがあなたのパスワードを変更して、同じサーバーにあるすべてのアカウントにアクセスできるようにすることもあります。変更されたパスワードのために、あなたは再びメールにログインすることが難しくなるということです。

電子メールアカウントが侵害されているかどうかを確認する方法は?

もし、あなたのメールアカウントが侵害されたかもしれないと思ったら、検討すべきことがいくつかあります。

万が一、銀行や金融機関からメールが届いても、偽物と思われる場合は、メールに記載されているリンクをクリックしないようにしてください。もし、そのメールが普段利用している銀行からではなく、送信者アドレスも銀行で利用しているものと異なる場合は、なりすましドメインから発信されたフィッシング詐欺である可能性があります。これは、あなたの銀行のドメインが攻撃者によって侵害され、なりすまされたことを意味します。 

アカウントが侵害された可能性がある兆候は、誰かがあなたのアカウントにアクセスし、あなたのドメインからメールを送信している場合です。 

もし、誰かがあなたのアカウントにアクセスした疑いがあるが、その方法がわからない場合は、すぐに会社に連絡し、さらなる攻撃から守るための手助けをしてもらうようにしましょう。

メールによる情報漏えいを防ぐには?

気をつけないと、個人情報を使って個人情報の盗難やその他の犯罪が行われる可能性があります。電子メールの情報漏えいを防ぐために、以下のヒントを参考にしてください。

ネットワークの監視

メールサーバーを利用する場合、定期的な監視が欠かせません。現在、多くの組織が、攻撃から保護することを目的としたセキュリティ・ソリューションに多くの時間と費用を費やしています。しかし、ネットワークを監視しないのであれば、何の意味もありません。

すべてのデータを一ヶ所に集める

監視だけでなく、すべてのデータを一カ所に集めておくことも非常に重要です。企業によっては、従業員が自分のアカウントからメールを送信し、それを会社のメールサーバーに転送して配布することを許可しているところもあります。この方法が有効な企業もありますが、従業員が会社のメールサーバーだけを使用してメールを送信することを望む企業もあります。メールアカウントの情報漏えいは、すべてのデータが一箇所に保管されている場合にのみ防ぐことができます。

パスワードは定期的に変更する

ハッカーは、お客様のアカウントにアクセスし、自分たちの利益のために利用するための新しい方法を常に探し求めています。そのため、さまざまなウェブサイトやサービスにサインアップする際に使用する、弱いパスワードや簡単に推測できるパスワードを見つけ出そうとするのです。そこで、頻繁にパスワードを変更することで、アカウントを保護することができます。

二要素認証の利用

これは、あなたが知っているもの(パスワード)とあなたが持っているもの(認証アプリやハードウェアトークンなど)の両方を必要とするセキュリティの追加レイヤーである。これにより、ハッカーが他の要素にアクセスすることなく、盗んだ認証情報を使ってアカウントにアクセスすることがはるかに難しくなります。

パスワードはプレーンテキストで保存しない

電子メールサービスを利用して機密情報を送受信している場合、データ漏洩を防ぐための措置を講じる必要があります。情報漏えいは、個人情報の盗難、詐欺、規制当局の監視の強化につながる可能性があります。

インターネット上で送信する前に、機密データをスクランブルする暗号化ツールやアプリケーションの利用を検討する必要があります。パスワードを安全に保管する必要がある場合は、1PasswordやLastPassなどのツールを使用すると、ハッカーによる個人情報へのアクセスを防ぐことができます。

DMARCレポートを使用して、認証失敗に関する最新情報を入手できます。

DMARCは、攻撃者があなたのドメインになりすまそうとしているのかどうかを教えてくれます。DMARCは、お客様のドメインから発信されるすべてのメールの真正性を、メール認証規格であるDMARCを使用して確認するものです。DMARCは、誠実な送信者と詐欺的なフィッシングを見分けることができる信頼性と安全性の高い技術で、DMARCレポートが送信されるため、認証結果をモニターするのに役立ちます。 

正規のメールがすべて配信されるようにし、ドメインから送信される偽メールを回避するためには、以下の方法があります。 DMARCアナライザーツールを使用します。スプーフィングを止めれば、単にブランドを守るだけではありません。それは

始めるには?

DMARC Analyzerを導入するには、PowerDMARCプラットフォームにサインアップし、ドメインを登録してください。

  • AIが生成したDMARCレコードをDMARCポリシーでDNSに公開し、集計レポートを可能にします。
  • メール認証の結果を完全に可視化し、分析することができます。
  • レポートを調べることで、有害な情報源を簡単に特定し、対策を講じると同時に、信頼できる情報源を承認することができます。
  • ドメイン偽装やフィッシング攻撃から保護されるのは DMARCポリシーを設定することで、ドメイン偽装やフィッシング攻撃から保護できます。

評決

解決策を考えるのは比較的簡単ですが、電子メールのデータ漏洩をリアルタイムで防ぐのはかなり難しいことです。何しろ、偽のメールに攻撃されたフィッシング・リンクをクリックすれば、どんな従業員でも意図せず企業の機密データを流出させてしまう可能性があるのですから。 

上記のような点を考慮した上で、総合的なメールセキュリティ戦略を実施することで、様々なメリットを得ることができます。今日から、より安全なメール体験にシフトしていきましょう。