ポスト

ドメインオーナーの方から、「なぜ私のメールが受信箱ではなく、迷惑メールフォルダに入ってしまうのか」という質問をよく受けます。メールが迷惑メールフォルダに振り分けられる原因は決して一方向ではなく、メールの書き方が悪いなどの単純な原因から、以前にドメイン名がスパムに使われたことがあるなどの複雑な原因まで、様々な理由があることに注意してください。いずれの場合も、メールが迷惑メールフォルダに入ってしまうと、メールの配信率やドメインの評価に大きな影響を与えます。 

この問題を迅速に解決しながら、メールが指定された宛先に確実に届くようにしたいなら、あなたは正しい場所に来たのです。ここでは、メールがスパムと判定されないようにするためのソリューションをご紹介します。

メール認証はどのようにしてメール配信能力を向上させるのか?

それは、あなたのドメインのレピュテーションを高め、あなたのドメインがなりすましやフィッシング攻撃、BECなどの悪意のある活動に利用されないようにするためであることを忘れないでください。これこそが、DMARCのようなメール認証プロトコルの役割です。DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting and Conformance)は、SPFとDKIMを利用して、お客様のドメインから送信された電子メールメッセージを認証する、業界で推奨されている電子メール認証規格です。DMARCは、認証に失敗した電子メール(あなたのドメイン名を使用した脅威のアクターによって送信された偽装/フィッシングメールの可能性が高い)をどのように扱うべきかを受信サーバーに指定するDNS TXTレコードとして、あなたのドメインのDNSに存在します。

しかし、それは見かけほど簡単ではありません。単にDMARCレコードを発行するだけでは、メール詐欺からの保護にはならず、むしろ認証プロトコルの設定が間違っている場合には、状況を悪化させる可能性があります。DMARCを正しく実装するためには、正しい構文とポリシーモードでドメインのSPFとDKIMを設定する必要があります。さらに、BECやなりすましからドメインを適切に保護できるのは、DMARCポリシーレベルの施行(p=reject/quarantine)だけです。

これらのことを念頭に置くと、DMARCを利用することで、メールの配信率が10%以上向上し、スパムフォルダに入るメールの数が顕著に減少することがわかります。

スパムとしてマークされないようにDMARCを適切に設定するにはどうすればよいですか?

DMARCを正しく設定するには、以下の手順に従ってください。

  • お客様のドメインを代表してメールを送信することができる、許可された送信ソースをすべて記録してください。
  • PowerDMARCの無料SPFレコードジェネレータで、あなたのドメインのSPFを完全に無料で設定できます。
  • PowerDMARCの無料DKIMレコードジェネレーターを使って、あなたのドメインにDKIMを設定します。
  • PowerDMARCの無料DMARCレコードジェネレータを使って、あなたのドメインにDMARCを設定します。
  • 記録を調べ、検証する。
  • 当社のDMARCアナライザーツールを使用して、自動的に生成された分かりやすいDMARC集計およびフォレンジックレポートで、認証結果と電子メールの流れを監視することで、何もしないポリシーからDMARCの施行へとすぐに移行することができます。

すべてのレコードジェネレータは、PowerDMARCのツールボックスにあります。

迷惑メールフォルダへの振り分け防止のための追加推奨事項

SPFのハードリミットを下回る

あまり意識されていないかもしれませんが、SPF認証にはDNSルックアップの上限が10個あります。この制限を超えると、SPFレコードが無効になり、SPFが破損したり、正当なメールでも認証チェックに失敗したりします。このような場合、ドメインのDMARC監視を有効にしていると、SPF permerrorの結果が返されます。したがって、SPF 10 DNS Lookup Limitを下回ることは、メールを確実に受信者に届け、メールがジャンクフォルダーに入るのを防ぐために必須です。

不正なIPアドレスの報告

お客様のドメイン名を使って詐欺行為を行っている不正なIPアドレスをブラックリスト化することは、今後同様の事件が起こらないようにするための重要なステップとなります。当社のDMARCアナライザーは、世界中の悪意のあるアドレスをリアルタイムで報告し、二度とあなたのドメインを使って詐欺行為ができないようにするのに役立ちます。

100%のDMARCコンプライアンスを実現

お客様のドメインから送信されるメールをSPFとDKIMの両方の認証基準に照らし合わせ、100%のDMARCコンプライアンスを実現します。これにより、時間の経過とともに送信者の評価が大幅に向上し、メールがスパムと判定される可能性を最小限に抑えることができるため、迷惑メールフォルダに振り分けられる可能性を最小限に抑えることができます。

今すぐPowerDMARCに登録して、無料のDMARCを手に入れ、メールがジャンクフォルダに入るのを防ぐための第一歩を踏み出しましょう。