ポスト

しかし、プロトコルの実装、管理、監視が複雑なため、コンプライアンスを獲得するための道のりは困難な場合があります。DMARCアドバイザーは、メールセキュリティの専門家であり、メール認証のためのガイダンスを提供し、メール認証の道のりを歩むために訓練された、あなただけのアドバイザーです。 

DMARCアドバイザーは、サードパーティのソリューションプロバイダー、専門家チーム、自動化されたプラットフォーム、またはこれら3つすべてを同じ傘下に置くことができます。 

DMARCアドバイザーの定義

DMARCアドバイザー」とは、社内のITチームの一員として、お客様のドメインのDMARC設定を設定または更新する責任を持つ技術専門家のことです。また、この責任をDMARCエキスパートチームに手頃な料金でアウトソーシングし、DMARCの実装を代行することもできます。DMARCの導入には、DMARC施行への移行支援、メールコンプライアンスを達成するための戦略策定、効果的な使用方法の指導などが含まれます。 DMARC.

役割と責任

DMARCアドバイザーは、企業にとって、個人の健康にとって良い医者がいるのと同じくらい重要な存在です。なぜなら、メール認証の取り組みを最大限に活用し、ドメインの脅威や悪用を診断し、その脆弱性を高度なメールセキュリティ対策で治療するための支援をしてくれる存在だからです。

DMARCアドバイザーは、以下の役割を担っている。

  • メール到達率に影響を与えることなく、なりすましを最大限に防止するために、p=noneからp=rejectへの移行を支援。
  • 企業が受信メールの認証にどのような電子メール認証を使用するかを決定するのに役立つ。
  • フィッシング攻撃からドメインを保護するために必要なポリシーと手順を適切に実施する方法を理解するために、組織を支援します。
  • DMARCをよく知らない、あるいは自社のセキュリティ体制におけるDMARCの重要性を十分に理解していない、組織全体あるいは複数の組織のチームと協働する。
  • 組織がDMARCのルールを守っていることを確認する(例えば、DKIMやSPFが有効なドメインからメッセージが送信されていることを確認するなど)。
  • ビジネス上の疑問点を解決するためのリソースとなる。
  • DMARC関連エラーのトラブルシューティングのガイダンス

例えば、PowerDMARCのアドバイザリーサービスにご登録いただくと、お客様のニーズに最適なDMARCポリシーを構築し、メールコンプライアンスの実現を支援します。

DMARCポリシーは、貴社からのメール配信を管理するためのルールで、貴社のドメインから送信されるすべてのメッセージが正当なメールメッセージであることを確認する唯一の方法です。 

PowerDMARCに登録することで、お客様のドメインから送信されるすべてのメッセージが受信者のフィルターを通過し、正規のメールとして配信されるDMARCポリシーを取得することができます。また、複雑なプロトコルの活用方法について、無料の講習会を開催するなど、貴社のDMARCの運用を改善するための指導も行っています。

DMARCアドバイザーの重要性

DMARCアドバイザーは、あらゆる企業にとって不可欠な資産です。DMARCアドバイザーは、貴社と外部をつなぐ役割を果たし、貴社のドメインがフィッシング攻撃やその他の不正な活動のアンカーポイントとして使用されないよう支援します。

まだ自社でDMARCアドバイザーを導入していない場合は、その理由をいくつかご紹介します。

1.ベストプラクティスでDMARCの実装を強制する

DMARCアドバイザーとは、DMARCポリシーへの移行を支援する第三者専門家のことです。 DMARCポリシーへの移行を支援する第三者専門家です。

彼らは、導入プロセスの技術的側面と法令遵守の問題の両方について経験があります。彼らは、ポリシーの導入に伴う多くの微妙な問題を解決する方法を知っており、クラウド上の設定の管理と監視を支援し、DNSへの変更を容易にし、コンプライアンスを得るための全体的な支援とガイダンスを提供することができます。

2.メールコンプライアンスの実現に向けた支援

電子メールは企業の生命線です。しかし、適切なガバナンスがなければ、悪夢と化す可能性があります。DMARCアドバイザーを雇えば、電子メール認証に必要なすべての作業を行うことができます。DMARCアドバイザーは、以下のような実行を効率化し、ビジネスコミュニケーションのための電子メールコンプライアンスを実現するために、以下のことを実施します。

  1. ドメインのエラーフリーDMARCレコードを生成する
  2. SPFフラット化DNSルックアップ10回制限を維持するために
  3. 保険契約のファイルや記録のホスティング
  4. DMARC XMLレポートのパース
  5. フォレンジックレポートPGP暗号化 
  6. 送信メールのDMARC100%コンプライアンスを達成するために
  7. メールスパム、フィッシング、ドメイン偽装の減少が証明されています。

3.DMARC ポリシーと例外の作成

DMARCは、メールアドレスを特定のポリシーに照らして検証するために、複数のポリシーと例外をサポートしています。DMARCアドバイザーは、お客様のビジネスニーズに準拠したDMARCレコード内のポリシーと例外の作成を支援します。

例えば、貴社がメールマーケティングにMailChimpを使用している場合、MailChimpのドメインに対してDMARC例外を作成し、貴社のドメインから送信されたメールがMailChimpサーバーによるSPFチェックを受けないようにしたい場合があります。

また、メールマーケティングのコンプライアンスに関しては、万能な解決策はないということも忘れてはなりません。DMARCアドバイザーを利用することで、試行錯誤しながら最適な方法を見つけることができます。

4.複雑なDMARCエラーの解決に関するガイダンスの提供

メールアドレスがDMARCの失敗メッセージを受信した場合、例えば、"554 5.7.5 Permanent Error Evaluating DMARC Policy(DMARCポリシーの評価に関する恒久的なエラー" エラー...の場合、このエラーが必ずしも単純なミスを示しているわけではないことを知ることが重要です。たとえば、DMARC レコードが正しくない、あるいは SPF レコードの設定が間違っていて壊れているなど、より複雑な問題の兆候である可能性があります。

このエラーを受け取ったメールアドレスは、まずドメインレジストラに連絡し、ドメインのDNSレコードをチェックしてもらい、エラーがないことを確認する必要があるかもしれません。エラーがない場合、DMARCレコードを手動で編集しない限り、メールアドレスの所有者がこれ以上対応する必要はありません。

DMARCアドバイザーは、このような問題が発生した場合、どのように解決するのがベストなのかを指導してくれますので、このようなエラーが発生した場合に役立ちます。また、自分で解決できない場合は、記録を編集したり、ドメイン登録業者やサービスプロバイダーのテクニカルサポート部門など、他の関係者に問い合わせたりして、解決策を導き出すことも可能です。

5.DMARC MSSPになるためのサポート

DMARC MSSPになるには DMARC MSSPになるは、貴社ブランドへの重要な付加価値と安定した代替収益源となります。拡大を続けるマネージドセキュリティサービスプロバイダーのコミュニティに参加することで、組織全体を保護するとともに、顧客のコンプライアンス達成を支援し、スプーフィングやなりすましからドメインを保護することができます。

これにより、自動的に競合他社に差をつけ、市場で際立つ存在となるのです。 

PowerDMARCはあなたのDMARCアドバイザーになります。

DMARCは強力なツールですが、いつも公園を歩いているようなものではありません。そのため、PowerDMARCがお役に立ちます。

DMARCアドバイザーの専門チームは、メールセキュリティの脆弱性を特定し、お客様の組織におけるメールセキュリティの姿勢を改善するための実行可能な措置を講じることを支援します。 

ドメインのメールセキュリティを管理し、ビジネスを成長させるお手伝いをします。 お問い合わせ今すぐお問い合わせください。