重要なお知らせ:GoogleとYahooは2024年4月よりDMARCを義務付けます。
セキュア・メール・パワー・マーク

フォレンジックの暗号化。チャンスを逃さない

DMARCフォレンジックレポートを暗号化することで、絶対的なデータセキュリティを保証します。

DMARCレポートにはセンシティブなデータが含まれていますか?

DMARCレポートには、アグリゲートレポート(RUA)とフォレンジックレポート(RUF)の2種類があります。アグリゲートレポートは、メールに関するすべての認証関連データを収集し、XMLファイルにまとめ、受信トレイに届きます。

RUFレポートは、メールがSPF、DKIM、DMARCのいずれかに失敗するたびに生成されます。電子メールごとに作成されるため 潜在的に電子メールの個人情報が含まれている可能性があります。これには以下が含まれます。

フォレンジック 暗号化 dmarc powerdmarc
  • あなたの「From」ドメイン

  • メールを受信した時間

  • メールを送信したサーバーのIPアドレス

  • 件名

  • DMARC、SPF、DKIMの合否結果

  • 失敗したメールのヘッダー

RUFデータにメールの内容が含まれていることはほとんどありませんが、上記のような項目でもセンシティブであると考えられます。

暗号化レポートpowerdmarc

フォレンジック暗号化を提供する理由

PowerDMARCでは、DMARC Forensic RUFレポートを生成する際に、すべてのレポートを暗号化することができます。さらには さらにさらに安全性を高めるために、独自のキー・バリュー・ペアを生成してRUFデータを暗号化することができます。お客様の暗号化キーへのアクセスは一切ありません。

PowerDMARCは、PCI-DSS、GDPR、ISO 27001、California Consumer Privacy Act(CCPA)などの業界の規制や標準に準拠するために役立ちます。