重要なお知らせ:GoogleとYahooは2024年4月よりDMARCを義務付けます。

PowerMTA-STS - ホスト型MTA-STS

PowerDMARCのホスト型MTA-STSサービスによるMTA-STSの展開

MTA-STSとは?

SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)サーバー間の接続のセキュリティを改善することで機能するインターネット標準は、SMTP Mail Transfer Agent-Strict Transport Security(MTA-STS)です。MTA-STSは、あなたのドメインに配信される電子メールのTLS暗号化を強制することで、メッセージが平文で配信されないように保護された接続でメッセージを転送し、日和見的な暗号化を可能にするSMTPサーバーの既存のセキュリティ問題を効果的に軽減します。

DNSルックアップの制限について

PowerDMARCのホスト型MTA-STSサービス

PowerDMARCによるMTA-STSの容易でスピーディな展開

PowerDMARCは、MTA-STSのホスティングサービスにより、お客様の生活をより快適なものにします。

  • 数回のクリックでDNSのCNAMEレコードを公開することができます。

  • ポリシーのWebサーバーのメンテナンスや証明書のホスティングを担当する

  • ホスティングされたMTA-STSサービスを利用すれば、お客様は単にいくつかのDNSレコードを発行するだけで、展開が可能になります。

  • DNSを手動で変更しなくても、PowerDMARCのダッシュボードからMTA-STSのポリシーを即座に、かつ簡単に変更することができます。

  • PowerDMARCのホスト型MTA-STSサービスはRFCに準拠し、最新のTLS規格をサポートしています。

  • 証明書やMTA-STSポリシーファイルの生成からポリシーの実施まで、プロトコルの採用に伴う非常に複雑な作業を回避するためのサポートを行います。

DNSルックアップの制限について

MTA-STSはどのように機能するのですか?

MTA-STSは、以下の方法でメール配信を確保します。 

  • TLS暗号化の実施
  • HTTPSでセキュアなサーバからMXレコードを提供する

MTA-STSプロトコルは、SMTP送信サーバーに対して、お客様のドメイン宛の電子メールをTLS暗号化された接続で送信しなければならないことを指定します。暗号化されたチャネルがネゴシエートできない場合、メールは平文で配信されるのではなく、まったく配信されません。

をご覧ください。 MTA-STSの詳細ガイドをご覧になってください。

Microsoft、Oath、Googleなどの主要なメールサービスプロバイダがMTA-STSをサポートしていることをご存知ですか?

なぜMTA-STSが必要なのか?

MTA-STSは.NETに対する保護を提供します。