無料のDMARCルックアップ。メールのなりすましをチェック

自分のドメインがどれだけ安全か知っていますか?ほとんどの組織は、自社のドメインが非常に安全であると仮定して運営されていますが、しばらくすると、それが事実ではないことがわかります。セキュリティスコアが低いことを示す兆候の1つは、ドメイン名が偽装されている場合です。これは、誰かがお客様になりすまして(あるいは混乱させて)、メール受信者を欺くためにお客様のドメインを使用していることを意味します。しかし、なぜ気にしなければならないのでしょうか?このようななりすまし行為は、お客様の評判を落とす可能性があるからです。 

ドメイン・スプーフィングは、企業にとって軽視できないものです。ドメイン偽装は、自分自身や顧客を危険にさらすことになりかねません。ドメインのセキュリティ評価は、手っ取り早く金儲けをしようとするフィッシャーに狙われるかどうか、あるいはドメインやブランドを利用してランサムウェアを気づかれずに広めることができるかどうかに大きく影響します。

無料のDMARC Lookupツールで、あなたのドメインのセキュリティ評価をチェックしてみてください。驚きの結果が得られるかもしれません。

攻撃者はどのようにしてあなたのドメインを偽装するのか?

電子メールのなりすましは、攻撃者が、通常、他人になりすましたり、組織を装ったりする目的で、正規の送信元のIDを偽造して使用する場合に発生する可能性があります。それは以下のような方法で行われます。

ドメイン名の操作:攻撃者は、お客様のドメイン名を利用して、疑うことを知らない受信者にメールを送信し、悪意の餌食になることがあります。一般にダイレクトドメインスプーフィング攻撃として知られているこのような攻撃は、ブランドの評判や顧客がメールをどのように受け止めるかに特に悪影響を及ぼします。

電子メールのドメインやアドレスの偽装:攻撃者が既存の電子メールセキュリティプロトコルの抜け穴を利用して、正当なドメインを代表して電子メールを送信するものです。攻撃者は、メール送信元を確認しない第三者のメール交換サービスを利用して悪意ある活動を行うため、このような攻撃の成功率は高くなります。

電子メールのプロトコルであるSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)にはドメイン認証が組み込まれていなかったため、DMARCのように近年開発された電子メール認証プロトコルでは、より高い検証が可能となっています。

低ドメインのセキュリティが組織に与える影響とは?

ほとんどの組織は電子メールでデータを送受信しているため、企業のブランドイメージを守るためにも安全な接続が必要です。しかし、電子メールのセキュリティが低い場合、企業にとっても個人にとっても災害につながる可能性があります。電子メールは今でも最も広く使われているコミュニケーションプラットフォームの一つです。データ漏洩やハッキングから発信された電子メールは、組織の評判に壊滅的な影響を与える可能性があります。また、電子メールを使用することで、悪意のある攻撃、マルウェア、スパムなどが拡散する可能性もあります。そのため、電子メールプラットフォーム内でのセキュリティコントロールの展開方法を見直す必要性が非常に高まっています。

2020年だけでも、ブランド偽装がフィッシング攻撃全体の81%を占め、1回のスピアフィッシング攻撃で平均160万ドルの損失が発生しています。セキュリティ研究者は、この数字が2021年末までに倍増する可能性があると予測しています。これにより、企業はメールセキュリティを早急に改善する必要性に迫られています。

多国籍企業はメールセキュリティプロトコルの導入に前向きですが、中小企業や小規模事業者はまだ消極的です。これは、中小企業はサイバー攻撃者の潜在的な標的レーダーに該当しないという一般的な神話があるからです。しかし、それは真実ではありません。攻撃者は、組織の規模ではなく、メールセキュリティ対策の脆弱性や抜け穴に基づいて組織を攻撃するため、ドメインセキュリティが不十分な組織は潜在的な標的となります。

メールセキュリティ評価ガイドでは、より高いドメインセキュリティ評価を得るための方法をご紹介しています。

認証プロトコルを活用してドメインセキュリティを最大限に高める

ドメインのメールセキュリティ評価を確認する際、スコアが低い場合は以下の要因が考えられます。

  • SPF、DMARC、DKIMなどのメール認証プロトコルが組織内に導入されていない。
  • プロトコルを導入したが、ドメインに適用されていない場合
  • 認証記録にエラーがある
  • メールチャネルを可視化するために、DMARCレポートを有効にしていない。
  • 送信中のお客様のメールとサーバーの通信は、MTA-STS によるTLS暗号化では保護されません。
  • メール配信の問題に関する通知を受けるためのSMTPTLSレポートを実装していない場合
  • ブランド記憶を向上させるために、お客様のドメインにBIMIを設定していない場合
  • ダイナミックSPFフラットニングでSPFパーマラー を解決していない。

これらのことから、メール詐欺、なりすまし、ドメインの不正使用などの被害を受けやすくなります。

PowerDMARCは、すべての認証プロトコル(DMARC、SPF、DKIM、MTA-STS、TLS-RPT、BIMI)を1枚のガラスに収めた、ワンストップの電子メール認証SaaSプラットフォームで、電子メールを再び安全なものにし、ドメインの電子メールセキュリティ姿勢を改善します。当社のDMARCアナライザーは、複雑な処理をすべてバックグラウンドで行い、ドメインユーザーのプロセスを自動化することで、プロトコルの実装を簡素化します。これにより、認証プロトコルを活用してその可能性を最大限に引き出し、セキュリティソリューションを最大限に活用することができます。

今すぐ無料のDMARCレポートアナライザーに登録して、高いドメインセキュリティ評価となり、なりすまし攻撃から保護されましょう。