重要なお知らせ:GoogleとYahooは2024年2月よりDMARCを義務付けます。
セキュア・メール・パワー・マーク

政府機関向けDMARCサービス

主要な政府機関がフィッシングの餌食になり、巨額の金銭的詐欺事件に発展する可能性がある

なぜ、政府機関が詐欺に遭うと危険なのか?

  • 何百万人もの人々が、税金、地方自治体の行政、個人の身分証明書など、政府からの通知に頼っています。これらの通知は、様々な政府部門から個人に送られる電子メールの形で送られてくることが多く、その多くが個人の機密データや財務データを使用しています。

  • 政府が発行する公式通知を無視することはできないため、ユーザーは、その通知が本物かどうかをわざわざ確認することなく、通知を開き、その指示に従う傾向があります。これは、潜在的な攻撃者にとって、偽の税務署フォームを送信してユーザーの財務情報を盗んだり、地方自治体に未払いの支払いを要求したり、あるいは個人情報を盗んだりするなど、非常に幅広い可能性を秘めています。

  • 世界中の多くの政府機関がDMARCを義務化していますが、英国、米国、オランダ、ノルウェー、オーストラリアなどのDMARC先進国でも、いまだに本格的な取締りが行われていないのが現状です。

メールチャネル全体の保護

メールチャネル全体の保護

PowerDMARCは市民と政府にとって電子メールをより安全にすることができる

  • フィッシング詐欺は、一般市民をターゲットに、送金や既存のデータベース情報の更新を要求する電子メールを送信することが多く、その際には、法的措置を取る危険性があるのでメッセージを遅らせたり無視したりしないようにという警告が添えられています。これにより、メッセージに緊急性が加わり、ユーザーは当局からの処罰を避けるために、知らず知らずのうちに偽の要求に応じてしまいます。しかし、PowerDMARCテクノロジーを使えば、このような脅威に対抗することができます。

  • AIによるスレットインテリジェンスや24時間365日のモニタリングとアラートなどの機能により、世界のどこにいてもお客様のメールチャネルに対する脅威を探し出し、特定します。お客様のドメインのセキュリティを管理するので、お客様はその必要がありません。また、お客様のニーズに合わせてPowerDMARCソリューションをカスタマイズするオプションも用意されています。

  • 政府は市民の間で権威的な存在であり、ユーザーが偽物だと確信していても、政府からのメールを無視することは困難です。PowerDMARCは、不正なメールにフラグを立て、市民の受信箱に配信されるのを防ぐことで、フィッシング攻撃やメール詐欺から市民を守ることができます。

DMARC

PowerDMARCでできることを見る