重要なお知らせ:GoogleとYahooは2024年2月よりDMARCを義務付けます。
セキュア・メール・パワー・マーク

非営利団体のためのDMARC

非営利団体は寄付金で運営されていることが多く、攻撃者はその団体になりすましてお金を要求する

サイバー犯罪者は、慈善団体の善意をどのように利用しているのでしょうか?

  • 2020年、世界保健機関(WHO)のドメインになりすました攻撃者が、コロナウイルス救済のための寄付を求める偽装メールを何千人もの人々に送りつけました。被害が大きくなる前に発見されましたが、これは孤立した事件ではありませんでした。

  • 非営利団体や慈善団体は、困っている人を助けたいと願う寛大な個人からの自発的な寄付によって運営されています。サイバー犯罪者は、このような状況を利用して、世界中の人々に偽装メールを送信し、大義名分のための寄付を要請します。 

  • フィッシング詐欺が発覚すると、寄付者はあなたの非営利団体への支援や寄付を躊躇するかもしれませんし、あなたのドメインからのメールが偽物や悪意のあるものである可能性があるとわかると、人々はあなたのメールを開封する可能性が低くなります。

メールチャネル全体の保護

メールチャネル全体の保護

PowerDMARCはどのようにして非営利団体の整合性を守るのですか?

  • 非営利団体は、支援してくれる寄付者との信頼関係と誠実さで成り立っているため、フィッシング詐欺に巻き込まれると、特に評判が悪くなります。PowerDMARCセキュリティスイートの助けを借りれば、ドメインをスプーフィングから守るだけでなく、サイバー犯罪に積極的に立ち向かうことができるでしょう。

  • AIによるスレットインテリジェンスや24時間365日のモニタリングとアラートなどの機能により、世界のどこにいてもお客様のメールチャネルに対する脅威を探し出し、特定します。お客様のドメインのセキュリティを管理するので、お客様はその必要がありません。また、お客様のニーズに合わせてPowerDMARCソリューションをカスタマイズするオプションも用意されています。

  • 非営利団体やチャリティの場合、メールチャネルの安全性を確保することがこれまで以上に重要となります。不正なメールをブロックしたり、ニュースレターの配信能力を高めたりすることで、あなたと、あなたを支援してくれる善良な人々にとって、メールをより安全なものにすることができます。また、最も重要なことは、あなたの活動に依存している人々の健康、教育、生活をより良く支援することができるということです。

DMARC

PowerDMARCでできることを見る