DNSルックアップが多すぎる

SPFユーザーが日常的に直面する非常に一般的な問題は、あまりにも多くのDNSルックアップを生成することで、SPFハードリミットを容易に超えてしまうリスクです。これは、DMARCモニタリングが有効な場合、SPF PermErrorの結果を返し、メール配信の問題を引き起こします。この問題を軽減するために、業界の専門家がSPFフラットニングサービスのようなソリューションを提供していることから、PowerSPFは実際にその主張を実現し、期待以上の成果を上げています。その方法をご紹介します。

DNSルックアップが多すぎます。なぜこのようなことが起こるのか?

まず最初に理解すべきことは、なぜ最初に多くのDNSルックアップが発生してしまうのかということです。これは、どのようなメール交換ソリューションを使用していても、サービスプロバイダーがレコードに多くのメカニズムを追加するため、ルックアップが多くなるためです。

例えば、GoogleのメールエクスチェンジャーであるGmailを使用している場合、以下のようなSPFレコードは、実際には4つのDNSルックアップを生成します。 v=spf1 include:[email protected] -all のようなSPFレコードは、実際には合計4つのDNSルックアップを生成します。ネストされたインクルードもさらに多くのルックアップを発生させ、複数のサードパーティ・ベンダーを使用してお客様のドメインを使用してメールを送信している場合、DNSルックアップの制限である10を簡単に超えることができます。

SPFフラット化は解決策になるか?いいえ、違います。

答えはノーです。SPFを手動でフラット化することで、SPF10ルックアップの制限を下回ることができますが、それには独自の制限と課題があります。SPFを手動でフラット化すると、SPFレコード内のinclude文を対応するIPアドレスに置き換えるだけで、ルックアップの必要性がなくなります。これにより、そもそも多くのDNSルックアップが発生しないようになり、10ルックアップのSPF制限を守り、パーマーラーを回避することができます。しかし、手動によるSPFフラット化ソリューションの問題点は次の通りです。

  • SPFレコードの長さが長すぎる(255文字以上)ことがあります。
  • お客様のメールサービスプロバイダーは、お客様に通知することなくIPアドレスを変更または追加することができます。
  • メールフローの監視、ドメインやメカニズムの変更・更新、アクティビティの追跡を行うためのダッシュボードはありません。
  • SPFレコードを更新するためには、常にDNSを変更する必要があります。
  • 頻繁なIP変更により、メールの配信に影響が出る可能性がある

これらがどのように影響するのでしょうか?メールサービスプロバイダーが使用している新しいIPアドレスのSPFレコードが更新されていない場合、これらのIPアドレスが使用されると、必然的に受信者側でSPFに失敗 することになります。

多すぎるDNSルックアップを解決するためのダイナミックSPFフラットニング

DNSルックアップエラーに別れを告げるためのよりスマートなソリューションが、SPFレコードの自動フラット化を行うPowerSPFです。PowerSPFはリアルタイムのSPFフラット化ソリューションで、あなたをサポートします。

  • 数回のクリックでお客様のドメインのSPFを簡単に設定できます。
  • 1つのインクルードステートメントでSPFレコードをフラット化し、自動SPFインクルード管理を楽しむことができます。
  • DNSルックアップの上限を常に10個以下にする
  • ネットブロックを自動更新し、変更されたIPアドレスを常にスキャンすることで、SPFレコードを最新の状態に保ちます。
  • ユーザーフレンドリーなダッシュボードを維持し、ポリシーの変更、ドメインやメカニズムの追加、メールフローの監視などを簡単に行うことができます。

なぜ、一時的な結果しか得られないSPF圧縮ツールに頼るのでしょうか?自動SPFでSPFレコードを最適化し、SPFのハードリミットを緩和しましょう。今すぐPowerSPFに登録しますか?