DMARCソリューションのリーディングカンパニーであるPowerDMARC社は、新たなエグゼクティブ・アドバイザリー・ボード・メンバーを発表しました。情報システムの専門家、IT専門家、ビジネスアナリストであるSaqib Ali博士は、5月中にアドバイザーとして参加する予定です。

Saqib Ali博士は、オマーンのマスカットにあるスルタン・カブース大学の情報システム学科の学科長を務めており、過去12年間、情報システムプログラムのディレクターや准教授など、さまざまな要職を歴任してきました。それ以前には、UNSWキャンベラやラ・トローブ大学で准教授や客員研究員を務め、コンピュータサイエンスの博士号を取得しています。

"PowerDMARCの共同創業者であるFaisal Al Farsiは、「Saqib Ali博士が当社の諮問委員会に加わることで、当社のビジネスモデルに新たな視点が得られることを期待しています」と述べています。"アカデミアや研究機関での彼の活動は多岐にわたっており、彼が当社にどのような新鮮な発想をもたらしてくれるのか、今から楽しみでなりません。彼と一緒に仕事ができることを、私たち全員が楽しみにしています。このパートナーシップは、私たち双方にとって有益なものになると確信しています」。

Saqib Ali博士は、スルタン・カブース大学での研究と学術的な仕事を通じ、世界中の様々な主要な会議、セミナー、ワークショップに参加してきました。彼の学術的かつ実証的な研究の経験は、PowerDMARCの現在の思考領域を拡大し、競争が激化する国際市場にアプローチするための新しい革新的な戦略を提供することが期待されます。