データリークとは?

ランサムウェアの平均的なコストは、以下の通りであることをご存知ですか? ランサムウェア攻撃データ流出によるは462万ドルで、データ漏洩の平均値424万ドルをわずかに上回っていることをご存知でしょうか。というような統計に出くわすと、怖いですね。 データ漏えいデータ漏えいは金銭的な損失だけでなく、ブランドイメージの低下にもつながります。

このため、企業は従業員に対して、情報漏洩とは何か、どのように防ぐかについて教育する必要があります。 とその防止策について従業員を教育する必要があります。なぜなら、誰かが意図せず、無意識のうちに機密データを暴露してしまう事件だからです。

そこで、このブログを最後まで読んで、データ漏洩の意味やハッカーの悪用を防ぐ方法そして、ハッカーに悪用されないようにする方法です。

データリークとは?

では、データ漏洩とは何でしょうか。機密情報や秘密情報が、社内でのミスやユーザーの不注意な行動によって、権限のない者にさらされることで発生する可能性があります。通常の理由は、データのセキュリティやサニタイズが不十分であること、パッチが適用されていないソフトウェア、古くて安全でないデバイス、従業員のトレーニング不足などです。

Data leaks lead to different types of cybercrimes, including business email compromise. Early detection and remediation can reduce its risk and impact significantly. This is because it’s hard to know if the data was accessed, which means all the sensitive details, source codes, consumer data, marketing strategies, etc., can be exploited with the intention of corporate spying.

データ流出とデータ漏えいの違いについて

データ漏洩と情報漏えいという言葉はよく使われますがという言葉をよく耳にしますが、この2つは同じではありません。どちらも機密データが不正に流出することではあるが、その原因は異なる。

データリークの意味の通り。データ漏洩とは、機密データが意図せずに外部に流出することです。一方、データ漏洩は、サイバー攻撃によってそれを暴露しようとしたときに起こる。

情報漏えいで公開された情報が悪用され、衝撃的な情報漏えい攻撃が行われることがあります。が悪用され、影響力のある情報漏えい攻撃が行われることもあります。パスワードのデータ流出ハッカーがアカウントやデバイスにログインしてデータを盗んだり、傍受したりするのに役立つパスワードが公開されるのは、そのような例の一つです。しかし、強力な 情報セキュリティ・ポリシーこのような事態を防ぐことができます。

情報漏えいはどのように起こるのか?

上記のように、データ漏えいは、サイバー攻撃ではなく、内部の脆弱性によって発生します。そこで、データ漏えいの原因にはどのようなものがあるのか、おさらいしてみましょう。の原因について説明します。

貧弱なインフラ

インフラの設定ミス、誤った設定や権限、古いバージョンのソフトウェアなどには注意を払わないかもしれませんが、これらは潜在的にデータを漏えいさせる可能性があります。万が一の事態を回避するために、ITチームが確実に対処するようにしましょう。

ソーシャルエンジニアリング詐欺

ソーシャルエンジニアリングは、システムやデータにアクセスするために、操作や欺瞞を伴うサイバー攻撃手法です。脅威者は、同様の手法でデータ漏えいを引き起こし、組織に対してより大規模なサイバー攻撃を行います。より大規模なサイバー攻撃を仕掛けるために、同様の手法で情報漏えいを起こします。

パスワードの管理

Setting guessable passwords and reusing them for multiple accounts increases the risk of a password data leak. So, always set a strong password that’s long and includes uppercase letters, lowercase letters, numbers, and special characteristics (like @,#,$,%,&, etc.)

紛失したデバイス

会社のデバイスを紛失することは、潜在的なデータ漏洩と見なされます。悪質な業者が機密データにアクセスし、ブラックマーケットや競合他社に売却する可能性があります。また、個人情報の盗難につながる可能性もあります。

パッチが適用されていない古いソフトウェア

パッチが適用されていない古いソフトウェアは、しばしばパスワードの情報漏えいにつながります。これは、企業にとって大きなサイバーセキュリティの脅威となり得ます。悪質業者は、ゼロデイ攻撃を計画・実行し、ITインフラ全体を妨害したり、マルウェアを注入したりすることができます。 マルウェア.

旧データ

ビジネスが成長するにつれ、企業はデータの取り扱いに整理がつかなくなり(自動化システムを配置した場合を除く)、データの行方がわからなくなる傾向があります。システムの更新やインフラの発展により、その古いデータが露呈することもある。  

データ流出時にパスワードはどのように表示されるのか?

何十億ものアカウントがあり、その一つひとつがパスワードによって保護されています。パスワードが盗まれたり、漏れたりすると、他のサイバー犯罪者が使おうとするためにオンラインで公開されます。このサイバーセキュリティの問題に対応するため、いくつかのデータベースはデータ漏洩をスキャンし、個人と企業がタイムリーに情報を得られるようにしている。 

データ漏えいを防ぐには?

データの種類やその扱い方は企業によって異なります。しかし組織内で データ漏洩 が発生する可能性を最小限に抑えるために、予防策を展開することは可能です。ハッカーは データ漏洩を引き起こす わけでは ありませんが、 データ 漏洩を悪用し、ビジネスに金銭的・風評的損害を与える ことは間違いないことを忘れてはなりません。 では、どのようにしてデータ漏洩を防ぐことができるのか、見ていきましょう。

クラウドストレージの設定を確認する

クラウドストレージの普及が進んでいます。不適切で安全でないデータの転送は、データ漏えいにつながる可能性があります。そのため、クラウドストレージのユーザーであれば、導入時や機密データをホストしている間に、その構成を検証する必要があります。定期的な監視は、パブリックアクセスについて通知することで、サイバーセキュリティのリスクを減少させます。

古いデータの削除

定期的にファイルをサニタイズして、古いデータや不要になったデータを処分する。これにより、セキュリティのために管理しなければならないデータを減らすことができます。 

従業員の教育

データの取り扱いに注意し、悪質なメールの兆候を読み取るよう、従業員に教育する。また、罰則を設けることで、従業員の注意を喚起してください。

多要素認証の利用

多要素認証は、あなたのアカウントにさらなるセキュリティの層を追加します。つまり、ユーザー名とパスワードの他に、OTP、生体認証、個人的なセキュリティ質問への回答などを通じて本人確認を行う必要があるのです。そのため、万が一、パスワード漏えいの被害に遭ったとしても多要素認証は、ハッカーがあなたのアカウントにアクセスするのを制限することができます。

プロセス制御の自動化

ソフトウェアは、人間よりも均一性を保つのが得意です。そこで、自動化されたプロセス制御を採用し、すべてのデータが安全に保管されるようにします。 

サードパーティーリスクの監視

第三者であるベンダーが機密情報を不正に扱い、情報漏えいにつながることがあります。そのため、たとえあなたやあなたの従業員が原因でなかったとしても、あなたの会社はその責任を問われることになります。これは、あなたのイメージを悪化させ、法的なトラブルに発展する可能性さえあります。

When Data Leaks Happen…

No company wanted their data to leak, but it happens. Last year, approximately 15 million confidential records were leaked. And when it happens, you’re risking your company’s resources and reputation to your customers.

Prevention is key, but knowing how to manage data breaches can help reduce their impact on your business. After all, an effective cybersecurity strategy involves both the prevention and mitigation of the effects of data breaches.

While you’re recovering from financial losses, a B2B marketing agency will develop a crisis communication plan. They will communicate to your customers, stakeholders, and the public about the steps you’re taking to mitigate the impact of the breach. In short, they can help you maintain your brand reputation and restore trust with the affected parties.

最終的な感想

情報漏えい内部エラーやユーザーの不注意な行動により、機密情報が権限のない第三者に漏えいすることです。情報漏えいの原因としては、ITインフラの不備、時代遅れのソフトウェア、古いデバイス、デバイスの紛失、ソーシャルエンジニアリング詐欺などが挙げられます。

不用意なデータの取り扱いには厳格なポリシーを設け、二要素認証を使用し、管理プロセスを自動化することで、これを防ぐことができます。