ドメインコネクトプロトコル|_domainconnectとは?

ドメインコネクトは、DNS設定を管理し、手動で更新する必要がないようにするための素晴らしいオープンソースの標準です。また、メール通知やカスタムドメインなどの他の機能も備えています。Domain Connectは、DNSの設定を大幅に簡素化することができ、以下のようなメール認証プロトコルを設定したい技術者以外の方に最適です。 DMARC, SPFおよび DKIM.

ドメインコネクトプロトコルとは何ですか?

Domain Connectは、非商用でオープンソースのインターネットプロトコルです。ドメイン所有者の生活を容易にすることを唯一の目的として作成されました。ユーザーが自分のドメインを使ってサードパーティーのサービスに接続したり、DNSを更新したり、DNS設定を管理したりする際に、シンプルでわかりやすい方法で、技術的に困難な人でも迷うことなく行えるようにするものです。

Domain Connectの仕組みは?

ドメイン名を新規に登録した場合、そのドメインをさまざまな商用およびビジネス目的で積極的に使用するために、ESPやウェブホスティングプロバイダーなどのサードパーティサービスプロバイダーの助けを借りたいと思うかもしれません。この場合、複雑なDNS設定が必要になりますが、その実装や管理には不慣れな点があります。 

Domain Connectは、お客様のDNSプロバイダがお客様のDNS設定をご希望の第三者と安全かつ手間なく共有できるようにするための認証に役立ちます。これにより、お客様のドメインレジストラとお客様が利用するサービスとの間に直接リンクが形成され、コミュニケーションギャップが解消され、透明性が高まります。その後、すべてのDNSの変更、更新、および設定は、2つの通信当事者間でバックグラウンドでシームレスに処理され、お客様の肩の荷を下ろします。 

この文書では、規格の技術的な詳細には踏み込まないことにします。プロトコルの最新バージョンは こちら.

Domain Connect Protocolの必要性とは?

ドメイン所有者は、複雑なDNSの実装のために、取得したドメイン名を最大限に活用することができないことがよくあります。特に、サードパーティのドメインホスティングやメールサービスに投資している場合、正しいDNS設定を行い、手動で更新を監視することは、より困難な作業となります。 

そこで、Domain Connectプロトコルが登場しました。DNSプロバイダーでホストされているドメインのために構築されたこの規格により、ドメインの所有者は、この問題に関する専門知識がほとんどなくても、DNSの設定を簡単に行うことができるようになります。 

ユースケースで_domainconnectの重要性を確立する

ドメインコネクトを使用しない場合

Domain Connectを利用しない場合、通常、サービスプロバイダは必要なDNS設定について複雑な指示を出し、お客様側で手動で設定を行う必要があります。これらの指示は、お客様が使用しているDNSプロバイダに依存し、お客様のトップレベルドメインに問い合わせることで簡単に知ることができます。これは理想的な方法ではありませんし、しばしば混乱を招きます。 

ドメインコネクトで

ドメインコネクトプロトコルを導入することで、サービスプロバイダはDNSプロバイダを発見するためにTLDを問い合わせる必要がなくなり、代わりにユーザーのDNSで公開されている_domainconnectレコードを問い合わせることでネームサーバーの全リストを取得できるようになりました。さらに、サービステンプレートという形で、必要なDNSコンフィギュレーションをDNSプロバイダーと直接通信することができます。 

その後、DNSプロバイダーは、お客様のドメイン名に対する権限を確認し、テンプレートに記載されているDNSの変更を正常に実行する必要があります。

ドメインコネクトイニシアチブをサポートするサービスプロバイダー

  • 1&1 IONOS 
  • ゴーダディ 
  • ワードプレス
  • スクエアスペース 

上記のドメインレジストラを使用してウェブドメインをホストしている場合、良いお知らせがあります。これらのレジストラは、ドメイン接続プロトコルへの自動化されたアプローチを採用しています。つまり、これらのレジストラのいずれかを使用してドメインを登録する場合、プロトコルを設定するために _domainconnect CNAME、TXT、またはNSレコードを発行するよう要求されることになります。このプロセスはわずか数時間しかかかりません。 

ドメインコネクトプロトコルの設定方法は?

注意事項プロトコルの設定手続きは、お客様ではなく、サービスプロバイダーが担当します。

プロトコルの設定は、サービスプロバイダーで行ってください。 

  • DNSで実行される特定のアクションを描写した指示のリストを含むサービステンプレート(複数可)を作成します。 
  • サービスプロバイダがDomain Connect Repositoryに接続するためのマージリクエストを生成します。 
  • DNSプロバイダーと通信し、プロトコルを実装する

これで完了です。DNSプロバイダーは、自分で変更を実施する場合があります。また、DNS管理コンソールへのアクセスを提供し、ドメイン名の検証やプロトコルのセットアップを案内してくれる場合もあります(数分程度で完了します)。DNS設定の変更を保存した後、DNSが変更を処理するまでに24〜72時間かかる場合があります。