サイバーセキュリティにおけるAI

企業の攻撃対象は膨大であり、その規模はさらに大きくなっています。リスクを定量化するためには、最大で数千億の時間変化する信号を効果的に処理する必要があります。信号の量は企業の規模に依存します。その結果、サイバーセキュリティの態勢を分析し改善するのは、もはやヒューマンスケールの仕事ではなくなります。これが、サイバーセキュリティにAIが必要な理由です。 

この前代未聞の課題に立ち向かうため、PowerDMARCはAIを活用したメールセキュリティと DMARCのソリューションを提供し、情報セキュリティチームを支援します。侵害リスクを低減し、より効率的かつ効果的にメールのセキュリティ態勢を改善します。

近年、人工知能(AI)は、人間の情報セキュリティチームの作業を強化するための重要なツールとなっています。AIは、サイバーセキュリティの専門家が侵害リスクの低減とセキュリティ態勢の改善のために活用できる、切望されていた分析と脅威の特定を提供しますが、それはもはや人間がダイナミックな企業の攻撃表面を適切に保護できないためです。セキュリティにおいて、AIはリスクの特定と優先順位付け、ネットワーク上のマルウェアの迅速な検出、インシデントレスポンスのリード、侵入の事前検出を行うことができます。

サイバーセキュリティにおけるAIの役割

人工知能(AI)システムは、視覚認識、音声認識、意思決定、言語間の翻訳など、通常は人間の知能を必要とする作業を機械に行わせることができる。

サイバーセキュリティにおけるAIの応用は以下の通りです。

  • 侵入検知。ネットワーク攻撃やマルウェア感染などのサイバー脅威をAIで検知することができます。
  • サイバーアナリティクス。AIは、組織のサイバーセキュリティ態勢のパターンや異常を検出するためのビッグデータの分析にも使用されます。
  • 安全なソフトウェア開発AIは、開発者が自分のコードが閉じているかどうかをリアルタイムでフィードバックすることで、より安全なソフトウェアの作成を支援します。

サイバーセキュリティの専門家は、以前からAIベースのソリューションを利用してきました。しかし、サイバー攻撃の増加により、攻撃に対応するために、より高度なツールや技術の必要性を感じているようです。

サイバーセキュリティにおけるAIの未来

人工知能は、サイバー脅威から身を守る方法を含め、私たちの生活や仕事の仕方に関するすべてを変えることができます。人工知能は、これまで以上に正確にリスクを把握し、正確さを損なうことなく迅速な意思決定を行うことを可能にします。新しい攻撃をこれまでよりも速く検知することができるようになります。また、人間の介入を待つことなく、それらから自分たちを守るための最善の方法を決定することができます。

AIはどのようにサイバー攻撃から身を守ることができるのか?

AIは人間に取って代わることはできませんが、サイバー攻撃との戦いにおいて果たすべき役割はあります。ここでは、次のサイバー攻撃から身を守るためにAIがどのように役立っているかを紹介します。

1.脅威の自動検知

AIがサイバー攻撃から身を守るために役立つ最初の方法は、脅威の検知を自動化することです。機械学習アルゴリズムは、セキュリティ侵害を示す可能性のあるユーザーの行動やシステムパフォーマンスの異常を検出します。

2.機械学習

アルゴリズムを使って大量のデータを分析し、データから見つけたパターンに基づいて予測を行います。これは、AIシステムを訓練して、これまで知られていなかった攻撃や予期せぬ攻撃を認識させるために使用されます。

3.プレディクティブ・アナリティクス

予測分析を使って、どの従業員のアカウントが最も危険にさらされやすいか、特定の日にどのような種類の攻撃が発生しやすいかなど、将来の脅威を予測することができます。このような分析により、企業はセキュリティギャップがどこにあるのかを特定し、実際の被害が発生する前にギャップを解消することができます。

4.異常検知

また、AIシステムは、ネットワークトラフィックやその他のデータストリームにおいて、予想される事象と実際に発生した事象との類似性や差異をパターン分析することにより、異常を検出することができます。このような監視は、誰かが機密情報にアクセスしようとするなど、悪意のある行為に発展する前に異常な行動をキャッチするのに役立ちます。

5.セキュリティオートメーション

AIが企業をサイバー攻撃から守るために役立つもう一つの方法は、新しいセキュリティポリシーとプロトコルを自動化して実装することです。スプーフィング脅威、フィッシングなどの主要なサイバー攻撃から保護します。サイバーセキュリティの実装を自動化することで、お客様のお役に立つことができます。 

  • 時間と労力の節約 
  • ヒューマンエラーの低減 
  • 100%の精度で費用対効果の高いソリューションを提供する 
  • すぐに実感できる効果を提供する 

6.セキュリティ・オーケストレーション

AIは、異常行動の検出やネットワーク上の不審なユーザーの特定など、現在時間とリソースを消費している多くのルーチンワークを自動化することができます。 

AIを活用したDMARCソリューションでメール認証を次のレベルへ

真のAIによって、ネットワークはより簡単に管理できるようになります。エラーを最小限に抑えながら、ネットワークの設定、トラブルシューティング、防御を迅速に行うことができます。また、問題が人々に影響を与える前に修復することができれば、ワンランク上の体験を提供することができます。

DMARC スレットインテリジェンス

PowerDMARCのDMARC Threat Intelligence (TI) エンジンは、プロトコルの迅速なセットアップを支援すると同時に、潜在的なリスクを特定することができます。電子メールの旅の各ステップにおける有害な活動を監視、識別、分析することにより、DMARC脅威インテリジェンス(TI)エンジンを提供します。DMARC Threat Intelligence (TI)エンジンは、実用的でタイムリー、かつ適切なインサイトを企業に提供します。

AIによるレコード生成・検索ツール

PowerToolboxには、AI駆動のDNSレコード生成ツールとルックアップツールが含まれており、即座に結果を得ることができます。認証の旅を始めたいけれど、何から始めたらいいかわからないという方、これらの初心者に優しいツールは、人工知能を使って、ボタンをクリックするだけで、SPF、DKIM、DMARCレコードの作成をお手伝いしますすでにプロトコルを設定している場合は、ルックアップツールを使用してレコードの有効性をクロスチェックすることができます。

AIを活用した自動化プラットフォーム

PowerDMARCプラットフォーム(DMARCレポートアナライザーダッシュボード) は完全に自動化されており、単一のAI駆動型インターフェースでIPジオロケーション、組織、メール送信元を追跡し、リアルタイムでDMARCレポートを解析し、データを整理した形式にする能力を備えています。

スプーフィング攻撃、フィッシング攻撃、その他のメール詐欺の可能性から組織を守るために、このプラットフォームは、DMARCデータを閲覧して疑わしいIPを探し出し、それに対して実行可能な措置を講じることを支援します。 

結論

サイバーセキュリティは複雑な問題ですが、AIは攻撃から身を守るための強力なツールになり得ます。AIによって、サイバーセキュリティチームは、強力な人間と機械のコラボレーションを確立し、知識を広げ、生活を豊かにし、部分の総和よりも大きく見える方法でサイバーセキュリティを推進することができるのです。

信頼できるパートナーとの連携で、脅威を先取りし、リアルタイムのインテリジェンスとセキュリティを手に入れることができます。

PowerDMARCの特許取得済みDMARCスレットインテリジェンス(TI)エンジンは、24時間監視しているお客様のセントリーです。そのAIベースの脅威検知ソリューションは、各IPが記載されているグローバルブロックリストと送信者ホスト名のメール評価を迅速に識別するために洗練されたアルゴリズムを採用しています。これらはすべて、人間では決して達成できない精度のレベルで行われます。

無料トライアル DMARCトライアルを今すぐお試しください。