最高のDMARCソフトウェア

Domain-based Message Authentication, Reporting and Conformance(ドメインベースのメッセージ認証、報告、および適合性)は、最近最も広く評価されている電子メール認証プロトコルであり、中小企業や多国籍企業が、なりすまし、メールスプーフィング攻撃、BECを軽減するのに役立つ。DMARCは、SPF(Sender Policy Framework)とDKIM(DomainKeys Identified Mail)という、電子メール認証の分野で標準的に使用されている2つのプロトコルを利用しています。DMARCソリューションは、送受信されるすべての電子メールの真正性を検証し、電子メールベースの攻撃やセキュリティ侵害を軽減するのに役立ちます。

あなたのビジネスに最適なDMARCソフトウェアソリューションを選択する際には、そのソリューションに含まれていなければならないいくつかの基本的な機能を探す必要があります。ここでは、その機能について説明します。

ユーザーフレンドリーなダッシュボード

ユーザーフレンドリーなダッシュボードは、メールエコシステムを完全に可視化し、自社ドメインからのDMARC認証を通過したメールと失敗したメールのレポートを読みやすく理解しやすい形式で効果的に表示することが不可欠です。これは、自社に最適なDMARCソフトウェアソリューションを選択する際に、注目しなければならない重要なポイントの1つです。

詳細な集計とフォレンジックレポート

DMARCソリューションには、広範なレポート機能があることが不可欠である。脅威を監視し、認証プロトコルを設定するためには、集計レポートとフォレンジックレポートの両方が欠かせない。

詳細なDMARC集計レポートは、XMLファイル形式で生成されます。技術者でない人にとっては、これらの記録は解読できないかもしれません。あなたの組織に最適なDMARCソフトウェアソリューションは、複雑なXMLファイルからのこれらの不可解な集計レポートを、あなたが理解しやすい情報に変換し、結果を分析して必要な変更を行うことを可能にします。

中小企業や多国籍企業にとって、フォレンジックレポートはメールエコシステムに関する貴重な情報を提供してくれます。フォレンジックレポートは、認証に失敗した個々の電子メールに関する詳細な情報を提供することで、なりすましを検出し、電子メール配信における問題を迅速に解決します。

DMARC フォレンジックレポート 暗号化

DMARCフォレンジックレポートには、DMARCに失敗したすべての電子メールに関するデータが含まれています。つまり、それらのメールに含まれていた機密情報が含まれている可能性があるということです。このような理由から、ビジネスに最適なDMARCソフトウェアソリューションを選択する際には、お客様のプライバシーを尊重し、フォレンジックレポートを暗号化して、許可されたユーザーのみがアクセスできるようにするサービスプロバイダーを選択する必要があります。

SPFとDKIMのアライメント

DMARCへの準拠は、SPFまたはDKIMを調整することで達成できますが、両方の認証規格に対してメールを調整することが望ましいと言えます。SPFとDKIMの両方の認証プロトコルに対してメールを整合させて認証し、検証にはSPFのみに依存しない限り、正当なメールがDMARC認証に失敗する可能性があります(転送されたメッセージの場合のように)。これは、仲介サーバーのIPアドレスがお客様のドメインのSPFレコードに含まれておらず、SPFに失敗する可能性があるためです。

しかし、転送中にメール本文が変更されない限り、DKIM署名は電子メールに保持され、その信憑性を検証するために使用することができます。あなたのビジネスに最適なDMARCソフトウェアソリューションは、あなたのすべてのインバウンドおよびアウトバウンドメッセージがSPFとDKIMの両方に対して整合されていることを確認します。

DNS検索回数10回の制限を超えないために

SPFレコードは、10回のDNSルックアップの制限があります。組織の活動範囲が広かったり、サードパーティのベンダーにメールの送信を依頼している場合、SPFレコードは簡単に制限を超えてしまい、パーマラーにかかってしまいます。これはSPFの実装を無効にし、あなたのメールが必然的にSPFに失敗するようになります。このような理由から、SPFパーメラーを軽減するために、SPFレコードが常にDNSルックアップ制限の10個以下になるように、即座に最適化できるソリューションを探すべきなのです。

インタラクティブで効率的なセットアップウィザード

組織に最適なDMARCソフトウェアソリューションを選択する際には、セットアッププロセスを忘れてはならない。ドメイン名の入力から、DMARCポリシーの設定、独自のDMARCレコードの生成まで、同期された体系的な方法で行うことができる、シンプルで使いやすいように設計されたインタラクティブで効率的なセットアップウィザードは、今まさに必要とされている。これにより、シームレスに落ち着いて、ダッシュボード上のすべての設定と機能性をできるだけ短時間で理解することができます。

エグゼクティブPDFレポートのスケジューリング

効果的なDMARCソリューションを利用すれば、DMARCレポートを読みやすいPDFに変換して、チーム全体で共有することができます。ニーズに応じて、定期的にメールで送信するように設定したり、必要に応じて生成することもできます。

 

主催するBIMIレコード

BIMI(Brand Indicators for Message Identification)とは、メール受信者が受信箱の中で貴社独自のブランドロゴを視覚的に識別し、そのメールが本物のソースからのものであることを確信できるようにするものです。効率的なサービスプロバイダーは、DMARC、SPF、DKIMなどの標準的な認証プロトコルに加えてBIMIを導入することで、ブランドの想起を高め、ブランドの評判と整合性を維持することができます。

プラットフォームのセキュリティと構成

効果的なDMARCソリューションは、すべてのサブドメインを自動的に検出することで作業を容易にし、また二要素認証を提供することで、認証プラットフォームの絶対的なセキュリティを実現します。

スレット・インテリジェンス

可視性と洞察力を高めるために必要なのは、AI駆動のスレット・インテリジェンス(TI)エンジンです。このエンジンは、疑わしいIPアドレスを積極的に排除し、既知の不正使用者の最新ブラックリストと照合して、それらを削除させることができます。これにより、悪意のある活動や、将来的に繰り返されるドメインの不正使用に対する対策を講じることができます。

プロアクティブなサポートチーム

組織にDMARCを導入し、集計レポートを作成する際に必要なのは、24時間体制のプロアクティブなサポートチームであり、オンボーディング後も、サービスを利用している間中、設定上の問題を軽減するためのサポートを受けることができます。

PowerDMARCアナライザツール

当社のDMARCアナライザーツールは、導入のプロセス全体を把握し、モニタリングからDMARCエンフォースメント、そして100%のDMARCコンプライアンスへの移行を最小限の時間で実現するのに十分な効果を発揮します。当社の高度なDMARCソフトウェアソリューションは、ドメイン、DMARCポリシー、および集計レポートの設定を支援し、電子メールのエコシステムを早期に完全に可視化するのに役立ちます。ホストされたBIMIレコードの生成から、暗号化を伴うフォレンジックレポートまで、PowerDMARCは究極のメールセキュリティスイートを提供するワンストップ・デスティネーションです。

組織のためにDMARCソリューションを選択する際には、プレミアムな技術をリーズナブルな価格で提供するサービスプロバイダーに委ねることが重要です。今すぐPowerDMARCにサインアップして、DMARCの無料トライアルを受けてください。