企業向け電子メールセキュリティ

企業の電子メールセキュリティは、職場で常に話題にのぼるテーマです。電子メールは個人的なものですが、プロフェッショナルなものでもあり、機密情報を共有するために使われることもあることを忘れてはなりません。そのため、企業向けメールセキュリティの重要性を認識し、それが従業員の生産性やセキュリティ、さらには顧客の生産性にどのような影響を与えるかを理解することが重要です。

企業における電子メールセキュリティの重要性は スプーファー、フィッシャー、その他のサイバー犯罪者の脅威から企業を保護する。.安全で、かつ従業員が使いやすい企業向けメールシステムを構築することが重要です。

データ・セキュリティの脅威に対してどれだけ準備してきたとしても、将来どうなるかはわかりません。私たちは皆、経験したことがあるでしょう。大事な日に備えて万全を期していたら、ビジネス全体がサイバー攻撃を受け、せっかくの苦労が水の泡になってしまった。

だから、私たちがお手伝いします! 

なぜ企業の電子メールを保護する必要があるのでしょうか?

企業のメールセキュリティを考えるとき、まず思い浮かべるべきは"なぜ企業向けメールのセキュリティが必要なのか?"

その答えは、世の中には多くの脅威が存在するからです。企業には多くの貴重な情報があり、それが安全でない場合、多くの問題を引き起こす可能性があります。フィッシングやなりすましメールなど、企業向けメールセキュリティの脅威はますます一般的になってきています。企業向け電子メールのセキュリティを確保するためには、常に最新の情報を入手しておくことが重要です。

セキュリティの脅威は常に進化しており、企業のメールセキュリティに影響を与える可能性のある新しい脅威のベクトルを常に把握することが重要です。

社内の人にメールを送ろうとしたとき、メールアドレスが認識されなかったことはありませんか?あるいは、受信者がそのアカウントにアクセスできないために、メッセージが跳ね返ってきたかもしれません。

これにはイライラさせられ、時間がかかる。会社の評判に関わることなので、何が悪かったのか突き止めなければなりません。連絡先の名前やアカウントのパスワードのタイプミスなど、単純なものである可能性もあります。

企業が企業の電子メールを保護すべき理由は数多くあります。

  • フィッシングやなりすましメールなどの企業向けメールセキュリティの脅威は、企業を顧客、従業員、取引先を失うリスクにさらす可能性があります。
  • 機密情報を電子メールで送信すると、誰かがそれにアクセスした場合、組織がデータ漏洩の危険にさらされる可能性があります。
  • また、他の社員になりすましたり、同じ組織内の別の部署からの重要なメッセージを伝えるように装って(スプーフィング)、社内のネットワークに侵入することも可能です。
  • 幸い、高価な専門家を雇ったり、サーバーのファイアウォールシステムの複雑な設定に時間を費やしたりすることなく、企業の電子メールアカウントを保護する簡単な方法がいくつかあります。

企業の電子メールセキュリティ戦略

企業のメールセキュリティは、ハッカーやフィッシャーなどのサイバー犯罪者の脅威から企業を守るために重要です。

企業の電子メールシステムは、安全で、かつ従業員が使いやすいように設定することが重要です。ここでは、企業の電子メールシステムを可能な限り安全にするためのヒントをご紹介します。

1.パスワードポリシーを制定する。 

文字、数字、記号を含む最小限の文字数を必要とするパスワードポリシーを設定することを確認してください。また、パスワードはユニークで、ハッカーやオンラインで見つけた人に推測されないものにしましょう。

2.可能な限り2ファクタ認証を使用する。 

ワンタイムパスワード(OTP)を認証方法として使用している場合は、SMSコードやトークンなど、他の方法に切り替えてください。もし、他に利用できる方法がない場合は、現在よりも高いセキュリティを提供できる他の方法が市場に出てくるまで、ワンタイムパスワードを使い続けることをお勧めします。

3.アンチウィルスソフトのインストール 

AndroidやiOSを搭載したスマートフォンやタブレット端末など、会社のメールアカウントにアクセスするために使用するすべてのデバイスに、ウイルス対策ソフトウェアをインストールする必要があります(Apple製デバイスのみ)。そうすれば、もし誰かがネットワークに侵入したとしても、被害を受ける前にこのソフトウェアによって直ちに捕捉することができます。

4.メール認証プロトコルの導入

のようなメール認証プロトコルを導入する。 DMARCやSPF、DKIMなどの電子メール認証プロトコルを導入することは、企業の電子メールセキュリティのチェックリストに追加する重要な要素です。これらのプロトコルは、スプーフィング、フィッシング、BEC、ランサムウェアなど、電子メールを利用したさまざまな攻撃から保護することができます。

メールチャネルを分析し、企業のメールセキュリティ態勢の欠陥を監視する。

企業メールのコンプライアンスを実現するための最後のステップは、DMARCレポートアナライザーを設定することです。 DMARCレポートアナライザー.これにより、以下のことが可能になります。

  • お客様のドメインから送信されたすべてのメールのSPFとDKIMの認証結果を表示(PASS/FAIL) 
  • サードパーティのメールサービスプロバイダー(MailChimp、FastMailなど)や企業のメール送信元を注視すること
  • なりすましやフィッシング、ドメイン偽装などに対する対策を実施
  • DMARCレポートを7種類の人間が読みやすい整理された閲覧形式で表示し、PDF形式でダウンロード可能

企業メールは、従業員にとって会社や組織からの公式な連絡とみなされることが多いため、セキュリティの面では個人メールと同様にリスクがあります。 

個人向けのメールと同様、企業向けのメールも、正当なアクセスレベルや送信権限を持つ者から送信されることが多く、財務データや患者・顧客に関する個人情報など、誤った人がアクセスすると悪用される可能性のある機密情報が含まれていることが多いのです。 

企業のメール漏洩を防ぐために、今日からDMARCでドメインを保護しましょう。無料体験版 DMARCトライアル今すぐ