DMARC SIEMの統合

DMARC SIEM統合とは、企業の既存のSIEMソリューションを、インシデント管理システムや脅威インテリジェンスプラットフォーム、あるいは今回のようなメールセキュリティソリューションなど、別のシステムに接続することです。DMARCのようなものです。これらを接続すると、データをリアルタイムで共有できるようになり、それぞれが現状を完全に把握できるようになります。多くの企業は、サイバーセキュリティの取り組みを把握するために、セキュリティ情報およびイベント管理(SIEM)ソリューションに依存しています。

セキュリティ情報およびイベント管理(SIEM) - 解説

セキュリティ情報およびイベント管理(SIEM)ソリューションは、組織のセキュリティ・システムの管理を支援するために設計されています。SIEMは、ファイアウォール、アンチウイルス・ソフトウェア、侵入防御システム(IPS)、アンチマルウェア・ソフトウェアなど、すべてのシステムからデータを収集します。このデータは、脅威や不審な行動がないか、ネットワークを監視するために使用することができます。

SIEMソリューションの利点は、問題が発生する前にそれを特定するのに役立つことです。ネットワーク上のデバイスに異常が発生した場合、警告を発することができるため、何か問題が発生する前に対処することができます。つまり、インシデントが発生した場合、すぐに対応し、手遅れになる前に被害を軽減することができるのです。

SIEM統合の必要性

SIEMの統合は、企業がセキュリティ・ツールを連携させ、各ツールのデータを分析することで管理する方法です。これは、すべてのセキュリティ・ツールを一度に確認できる1つのダッシュボードのようなもので、脅威の特定とその対応を迅速に行うことができるため、より優れたものとなっています。

SIEM をファイアウォールやエンドポイント保護システムなどの他のセキュリティ・ツールと統合すると、すべてのデバイスですべてのアクティビティを確認できるようになります。つまり、複数のダッシュボードやレポートをチェックする必要がなくなります。一度にすべてを見ることができるので、何が起こっているのかをリアルタイムで把握することができます。

SIEMは、ニーズと予算に応じて、オンプレミスまたはクラウドで導入することができます。クラウドでの導入は、ハードウェアやソフトウェアを購入(および保守)する必要がないためコストを削減できるなどのメリットがありますが、セキュリティ、アップタイム、パフォーマンスに関する独自の課題もあります。

留意点

SIEMソリューションの導入をお考えの方は、以下の3点を念頭に置いてください。

  • リサーチ - 現在、多くのSIEM製品がありますが、どの製品が自社に最適かを決める前に、その製品の特徴を理解しておく必要があります。
  • 何人のユーザーがアクセスする必要があるかを考える - 同じプロジェクトに複数のチームが共同で取り組む場合、SIEMソリューションが収集するデータへのアクセスがそれぞれ必要になります。
  • シンプルに - 指先ひとつですべての情報を得られるというのは、紙の上では素晴らしいことですが、一度にすべてを分析しようとすると、情報過多になったり、分析による麻痺を引き起こしたりする可能性があります。

DMARC SIEMの統合

多くの企業にとって、堅牢で拡張性のある効果的な電子メールセキュリティプログラムの導入と維持は、困難な作業といえます。サイバー脅威が増大する今日の環境では、組織にとって効果的な電子メールセキュリティプログラムの導入は不可欠です。しかし、多くの企業では、電子メールのセキュリティ対策として DMARCを既存のセキュリティ運用の一部に組み込む方法について、多くの組織が頭を悩ませています。

DMARCはフィッシング対策に有効なツールですが、導入が難しい場合があります。ここでは、SIEMとの連携により、DMARCを既存のセキュリティ運用に組み込むためのヒントをご紹介します。

  1. DMARCの基本を理解する。

DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting & Conformance)は、フィッシングや不正な電子メールがエンドユーザーに配信されるのを防ぐための電子メール認証プロトコルです。DMARCの認証に失敗した場合の処理を指定することができ、メッセージの完全拒否から通常通りの送信まで、さまざまな対応が可能です。

  1. DNSの設定が正しいかどうか確認してください。

DMARCの設定を始める前に、DNSの設定が正しいかどうかを確認してください。 DKIMレコードが適切に設定されていることを意味します。つまり、SPFレコードやDKIMレコードが正しく設定されていることを確認してください。

  1. SPFレコードを設定する。

SPFとは センダー・ポリシー・フレームワークISPなどのメールサーバーが、電子メールの送信者アドレスのなりすまし(実際の送信者以外からのメールに見えること)を防ぐために使用する電子メール認証方法です。

  1. APIをサポートするDMARCプロバイダーを利用する

DMARC を SIEM 統合戦略にうまく取り入れるには、API をサポートするプラットフォームが最適です!PowerDMARCでは、サードパーティのセキュリティツールやサービス(ファイアウォールやアンチウイルスなど)とSIEMのシームレスな統合を実現するために DMARC API.

なぜDMARCをSIEM戦略に取り入れるのか?

DMARCをメールセキュリティのレイヤーとしてSIEM統合戦略に取り入れることは、次のような点で有益である。 

  • DMARCは、レポートシステムを通じて、メールチャネルの監視を支援します。
  • フィッシングやなりすまし攻撃の防止 
  • ランサムウェアに対する防御層として機能する
  • メールの到達率を向上させ、スパムを削減 

現在、DMARCを実装するためには、以下のような構成を推奨します。 DMARCアナライザーを設定することをお勧めします。DMARCアナライザーは、プロトコルの設定を簡単かつエラーなく行うことができ、セキュリティシステムの維持・管理に伴う煩雑さを解消し、電子メールに対する万全の保護を提供します。