DMARCサービスを提供している私たちは、よくこのような質問を受けます。"もしDMARCがSPFとDKIMの認証を使うだけなら、なぜわざわざDMARCを使う必要があるのか?不必要なものではないのか?"

表面的にはほとんど違いがないように見えるかもしれませんが、現実は大きく異なります。DMARCはSPFとDKIMの技術を組み合わせただけではなく、それ自体が全く新しいプロトコルなのです。DMARCにはいくつかの特徴があり、世界で最も先進的なメール認証規格の1つであり、企業にとっては絶対に必要なものです。

しかし、ちょっと待ってください。なぜDMARCが必要なのか、正確な答えが出ていません。SPFやDKIMにはない、DMARCの特徴とは?まあ、それはかなり長い答えで、1つのブログ記事には長すぎます。だから、それを分割して、まずSPFについて話しましょう。慣れていない方のために、簡単にご紹介します。

SPFとは?

SPF(Sender Policy Framework)とは、メール受信者をなりすましメールから保護するためのメール認証プロトコルです。SPFレコードは、お客様(ドメイン所有者)のチャンネルを通じてメールを送信することを許可されたすべてのIPアドレスのリストです。受信サーバーは、あなたのドメインからのメッセージを見ると、あなたのDNSで公開されているSPFレコードをチェックします。送信者のIPがこの「リスト」にあれば、メールは配信されます。そうでなければ、サーバーはそのメールを拒否します。

ご覧のように、SPFは、お客様のデバイスに害を及ぼしたり、組織のセキュリティシステムを危険にさらしたりする可能性のある、多くの好ましくない電子メールを排除するために、かなり良い仕事をしています。しかし、SPFは一部の人が考えているほど良いものではありません。それは、SPFにはいくつかの大きな欠点があるからです。ここでは、その問題点について説明します。

SPFの限界

SPFレコードは、Fromアドレスには適用されません。

メールには、送信者を特定するための複数のアドレスがあります。通常表示されるFromアドレスと、1~2回のクリックで表示される隠れたReturn Pathアドレスです。SPFを有効にすると、受信側のメールサーバーはリターンパスを見て、そのアドレスのドメインのSPFレコードをチェックします。

ここで問題となるのは、攻撃者がリターンパスのアドレスに偽のドメインを使い、Fromセクションに正当な(または正当に見える)メールアドレスを使うことで、これを悪用できることです。仮に受信者が送信者のメールIDを確認したとしても、まずFromアドレスを見て、一般的にはリターンパスをわざわざ確認することはありません。実際、ほとんどの人はReturn Pathアドレスというものがあることすら知らないのではないでしょうか。

SPFは、この単純なトリックを使うことで非常に簡単に回避することができ、SPFで保護されたドメインであってもほとんど無防備になります。

SPFレコードは、DNSルックアップの制限があります。

SPFレコードには、ドメイン所有者がメール送信を許可したすべてのIPアドレスのリストが含まれています。しかし、これには決定的な欠点があります。受信サーバーは、送信者が許可されているかどうかを確認するためにレコードをチェックする必要があり、サーバーの負荷を軽減するために、SPFレコードのDNSルックアップは10回までとなっています。

つまり、あなたの組織が複数のサードパーティベンダーを使用して、あなたのドメインを通じてメールを送信している場合、SPFレコードはその制限をオーバーシュートしてしまう可能性があります。適切に最適化されていなければ(自分でやるのは簡単ではありませんが)、SPFレコードには非常に制限の多い上限が設定されています。この制限を超えると、SPFの実装が無効であるとみなされ、メールはSPFに失敗します。これにより、メールの配信率が低下する可能性があります。

 

メールが転送されたときにSPFが機能しないことがある

SPFには、メール配信に支障をきたすもう一つの重大な障害点があります。お客様のドメインにSPFを実装している場合、誰かがお客様のメールを転送すると、転送されたメールがSPFポリシーによって拒否されることがあります。

これは、転送されたメッセージによってメールの受信者が変更されたが、メールの送信者のアドレスは同じままであるためです。これが問題になるのは、メッセージにはオリジナルの送信者のFromアドレスが含まれているのに、受信サーバーには別のIPが表示されているからです。転送先のメールサーバのIPアドレスは、オリジナルの送信者のドメインのSPFレコードに含まれていません。その結果、受信サーバーでメールが拒否されてしまうことがあります。

DMARCはこれらの問題をどのように解決するのでしょうか?

DMARCは、SPFとDKIMを組み合わせて電子メールを認証します。電子メールがDMARCを通過して正常に配信されるためには、SPFまたはDKIMのいずれかを通過する必要があります。さらに、SPFやDKIMだけの認証よりもはるかに効果的な重要な機能が追加されている。レポーティングです。

DMARCレポートでは、お客様のメールチャネルのステータスに関するフィードバックを毎日得ることができます。これには、DMARCの整合性に関する情報、認証に失敗したメールのデータ、潜在的なスプーフィングの試みに関する詳細が含まれます。

なりすましメールを受け取らないためにはどうしたらいいのかとお考えの方は、メールのなりすましを防ぐための5つの方法をまとめた便利なガイドをご覧ください。