フィッシングとなりすまし

フィッシングやスプーフィングなどのなりすまし攻撃は、ドメインの健全性に大きな影響を与え、認証失敗やメールの漏洩などにつながる可能性があります。だからこそ、今日からでもこれらに対する防御力を高める必要があるのです。フィッシングやなりすましの攻撃からメールを適切に保護するためには、様々な方法を導入することができます。ここでは、それらがどのようなものかを説明します。

なりすまし攻撃を防ぐメール認証プロトコル

  1. 送信者ポリシーフレームワーク(SPF)について
    まずはSPFを導入するのが良いでしょう。Sender Policy Frameworkは、お客様のドメイン名のDNSに基づいて、メールの送信に使用されるIPがその権利を持っていることを証明することができます。これにより、ドメイン名の不正使用を防ぎ、第三者があなたになりすますことを防ぐことができます。フィッシングやなりすましの攻撃は、このようなミスを利用することが多いため、SPFプロトコルは特に効果的です。メールサーバーが、あなたのドメインに起因するIPアドレスを持つメールサーバーから送信されたと記載している場合、一般的にOSはメールを配信する前に2度確認します。このようにして、SPFを尊重していないメールサーバーはうまく無視されます。簡単に言うと、「SPFプロトコル」とは、ドメインの所有者(例えば[email protected])がそのDNS機関に認証を送ることができるというものです。

  2. DomainKeys Identified Mail (DKIM)
    DomainKeys Identified Mail(DKIM)とは、デジタル署名を用いてメッセージの送信元と内容を確認する電子メール認証システムのことです。DKIMは、スパムやフィッシングなどの悪質な電子メールを減らすために、電子メールの送信元と内容を確認するための一連の暗号技術です。具体的には、共有された秘密の暗号鍵を用いてメッセージの送信者を認証し(この秘密鍵は意図した受信者のみが所有している必要があります)、電子メールが「なりすまし」や偽者によって偽装されないことを保証します。また、署名を検証する組織は、電子メールのデータ破損を検出した場合、その電子メールを偽物として拒否し、送信者にその旨を通知することができます。

  3. DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting, and Conformance)について
    DMARCが存在する理由はいくつかあります。まず、DMARCは、どのメッセージが正当なもので、どのメッセージがそうでないかをメールサーバーに伝える方法を提供します。第2に、DMARCは、あなたのドメインが攻撃からどれだけ保護されているかを示すレポートを提供します。第3に、DMARCは、貴社の評判を落とす可能性のあるメッセージと貴社のブランドが結びつかないように保護します。DMARCは、電子メールメッセージが、送信元とされるドメインから本当に発信されたものかどうかを検証することで、フィッシングやスプーフィングに対する保護を強化します。また、DMARCは、受信したメッセージに関するレポートを要求することができます。これらのレポートは、考えられるセキュリティ問題を調査し、マルウェアの感染や組織を標的としたフィッシング攻撃など、考えられる脅威を特定するのに役立ちます。

フィッシングやなりすましの攻撃からドメインを守るために、PowerDMARCはどのように役立ちますか?

PowerDMARCのメールセキュリティ認証スイートは、SPF、DKIM、DMARCプロトコルのシームレスなオンボーディングを支援するだけでなく、以下のような多くの付加価値を提供します。

  • SPFフラットニングSPFレコードの有効性を維持し、SPFのハードリミットである10ルックアップ以下にするために
  • ビジネスメールを視覚的に識別するBIMIBIMIは、顧客に届くメールに、メールを開く前からブランドロゴを目立たせることができます。
  • 送信中のメールを暗号化するMTA-STS

楽しむために 無料のDMARCを利用するには、サインアップしてPowerDMARCアカウントを作成するだけで、追加費用は一切かかりません。より安全なメール体験のために、PowerDMARCでメール認証を始めてみませんか?