ポスト

受信箱をスパムから守るために作られたDMARCは、電子メールの受信者がその有効性を確認し、ドメインの乱用を防ぐことができる簡単な方法です。既存の電子メールのSPFおよびDKIMプロトコルは、長年にわたって精査の対象となってきましたが、DMARCは、サイバー犯罪との戦いにおける大きな一歩であり、既存のプロトコルをベースに、認証システムをさらに強化するものです。 

サイバー犯罪者は、その巧妙な手口でよく知られています。彼らは、信頼できるブランドの評判を利用して被害者を騙し、マルウェアを含んだ悪意のあるファイルや電子メールを開かせ、被害者のコンピュータにアクセスさせて機密データを探し出す、電子メールのなりすましを行います。企業ドメインの悪用を行う一般的な方法は、攻撃者がメール認証を実施していない中小企業や大企業のドメインになりすますスプーフィングです。

DMARCレコードを追加するには?

DMARCは、電子メールのフィッシングや企業ドメインの悪用を特定・防止するための電子メール認証規格です。DMARCを利用することで、企業は電子メールポリシーを公開し、電子メールを送信するためのドメインの使用に関する詳細を明らかにすることができます。このプロトコルを設定するには、ドメインの所有者がドメイン・ネーミング・システムにDMARCレコードを追加する必要があります。

DMARCレコードとは、送信メールに選択したいDMARCポリシー、SPFとDKIMのアライメントモード、DMARC集計とフォレンジックレポートの受信を希望するメールアドレスを指す特定の構文を持つテキストレコードです。

DMARCでは、メール受信サーバーにどちらかを指示することができます。

  • 認証に失敗したメールを配信する(p=noneポリシーの場合
  • 認証に失敗したメールを隔離する(p=quarantineポリシー使用時
  • 認証に失敗したメールを拒否する(p=rejectポリシー付き

レコードの構文を間違えると、レコードが無効になってしまうことがあります。DMARCレコードを即座に作成してくれるDMARCレコード作成ツールの使用をお勧めします。さらに、ツールボックス内のすべてのメカニズムを個別に説明してくれるので、プロトコルとその機能性をよりよく理解することができます。

DMARCはどのようにしてあなたのドメインの電子メールを保護するのですか?

ニュースレターを配信したり、メールマーケティングキャンペーンを活用している企業にとって、DMARCは、あなたに代わって受信者にメールを送信することを許可された送信元から、真正で検証されたメールのみを受信することを保証します。スパムやその他の偽の情報を含む不正な電子メールは直ちに阻止されます。DMARCはSPFやDKIMと連携して、電子メールのヘッダーを揃え、その電子メールが正規の送信元から送られてきたものか、ソーシャルエンジニアリングの手法を用いて正規のドメインを偽装して操作されたものかを識別します。

DMARCは、ドメインの乱用やなりすましに対する様々な利点に加えて、以下のような特徴があります。

  • サーバーの評価を高める
  • メールの配信能力の向上
  • メールがスパムと判定される可能性を低減できる

PowerDMARCが企業のDMARC採用を容易にする

今すぐDMARCレポートアナライザを設定して、3つの簡単なステップでプロトコルを実装するだけでなく、最大限の保護を備えた施行済みのポリシーにすぐに移行してください。設定から72時間以内に最初のDMARCレポートを受け取り、お客様のドメイン用にカスタマイズされた整理されたダッシュボードに表示されます。

PowerDMARCは、MTA-STSやBIMIなどの他の認証プロトコルを実装することで、ブランドを視覚的に識別できるようにし、メールマーケティングキャンペーンを強化するという付加的なメリットをもたらします。今すぐ、DMARCソフトウェアソリューションを最大限に活用してください。