ビミ

顧客向けのブランドは、製品やサービスに訪問者を引き寄せ、コンバージョンに結びつけるものです。非の打ち所のないブランド・レピュテーションを持つことは、あなたのブランドを比類のない信頼性のある地位に置くだけでなく、あなたのビジネスを左右することにもなります。そこで登場するのが、メールセキュリティとBIMIです。自社のサービスをアピールするために顧客やパートナーに日々マーケティングメールを送信していると、ハッカーやなりすましがソーシャルエンジニアリングの手法を用いて自社のドメインになりすまし、悪意のあるメールを送信してしまうことがあります。これらのメールは、お客様が送信した正規のメールの中に紛れ込み、疑わしくないお客様に開封を促し、最終的には電信送金を誘発したり、認証情報の盗難につながったりします。

あなたの顧客が次にあなたからメールを受け取ったとき、たとえそれが正当なものであっても、一度詐欺に遭った後では、開封することさえ躊躇してしまうのは人間の本能として当然のことです。たとえSPF、DKIM、DMARCなどのメール認証プロトコルを使用していたとしても、受信者があなたのドメインから送られてきたメールが正当なものかどうかを知る方法はありません。そこで、受信者が受信箱の中で貴社のブランドを視覚的に識別できるようにする、メッセージ識別用ブランドインジケータ(BIMI)が必要となります。

BIMIとは?

BIMI(Brand Indicators for Message Identification)を使用してメールを検証すると、受信者はあなたが合法的な企業であることを知り、メールを開く可能性が高くなります。ブランドロゴをメールに組み込むことで、受信者がメールの信憑性を疑う可能性を低くする、第二のセキュリティ層として機能します。万が一、スパマーによってメールが複製された場合でも、ブランドロゴがないため、受信者は偽物だと気づくことができます。

BIMIは、メールクライアントに渡すことのできる短い命令セットにすぎません。BIMIは、さまざまなタイプのメールクライアントで動作し、受信者がBIMIを有効にしている場合にのみ動作します。BIMIは単なる電子メール認証プロトコルではなく、ブランド認知度を高めるために設計された、導入しやすいメールマーケティングソリューションです。

PowerDMARCロゴモバイル

BIMIはあなたのブランドをどのようにサポートしますか?

  • BIMIを使えば、メールを送信するたびに、お客様の受信トレイにロゴが表示され、イメージの強化、新規顧客の問い合わせ、ブランドロイヤリティの向上につながります。
    あなたがいないときでも、お客様にブランドについて考えてもらうことができるのです。
  • 馴染みのあるロゴは、お客様にとって関係のあるブランドとして認識されます。BIMIは、ブランド・リコールを強化し、お客様の信頼を高める道を切り開きました。
  • 信頼されるメールは、受信者の注目を一瞬で集めます。BIMIは、お客様のブランドのユニークなロゴを表示する視覚的な識別子であり、受信者がお客様のブランドを識別し、信頼することを容易にします。その結果、メールの配信能力が向上します。
  • BIMIは、あなたのメッセージが認証されたことを視覚的に確認することで示す簡単な方法です。

注:BIMIはDMARCを基盤として構築されているため、既存のDMARC導入でより高いセキュリティを得ることができます。

BIMIで詐欺師からブランドを守るためのステップ

BIMIを導入する前には、いくつかの必須条件があります。

1.BIMIレコードは、ポリシーレベルの実施(「拒否」または「隔離」)で、ドメインがDMARC認証されていることを要求します。

2.BIMI SVGに準拠したロゴのSVGファイルを作成し、サーバーにアップロードする必要があります。

3.新しいBIMIのDNSレコードを発行するために、ドメインのDNSにアクセスする必要があります。

複雑そうですか?PowerDMARCは、デプロイメントプロセスをよりシンプルにします。私たちと一緒なら、複雑なプロトコル設定に頭を悩ませる必要はなく、代わりにあなたとあなたのブランドの利益のために使用することに集中できます。

PowerDMARCによる3ステップのBIMI実装

PowerDMARCでDMARCの展開を契約すると、BIMIの実装もついてきます。PowerBIMIの実装は、3つの基本的なステップに絞られています。

  • DMARCのエンフォースメント・ポリシーへの移行(p=reject/quarantine
  • BIMIに準拠したSVGロゴ画像のアップロード
  • 無料のBIMIレコードジェネレータでBIMIレコードを生成します。

そして、ボイラ!ボタンをクリックするだけでBIMIの設定が完了します。現状では、Verizon Media Group(Yahoo、AOLなど)が条件を満たせばロゴの表示をサポートしており、Gmailのような業界を代表する企業もパイロットプログラムに参加しています。

今すぐPowerDMARCを使ってBIMIを貴社のメールセキュリティスイートの一部にし、貴社のブランドリコールを次のレベルに引き上げましょう。今すぐBIMIの無料トライアルにお申し込みください。SEOコンサルティング