SPFポリシー

スパムや電子メール詐欺との戦いは終わりがなく、その結果、様々な業界標準が出現し、その洪水を食い止めるのに役立っています。その一つがSPF(Sender Policy Framework)レコードで、これはドメインが自分に代わってメールを送信するサーバーを指定するためのものです。

RFC7208の抜粋をご覧ください。

SPFレコードを使用するために、すべての詳細を把握する必要はありませんが、より深く理解することで、全体像を把握することができます。

ここでは、SPFポリシーによって、メールの到達率を高め、ドメインの評判を保護する方法について説明します。

SPFポリシーとは何ですか?

SPFSender Policy Frameworkの略で、電子メール送信者の正当性を確認するための手法です。SPFは、スパマーがあなたのドメインを使用してスパムやフィッシングメールを送信するのを防ぐことができます。また、SPFはフィッシング対策ツールでもあり、正規の送信元から来たように見える詐欺メールに対抗するのに役立ちます。

SPFポリシーは、お客様のドメインに代わってメッセージを送信することを許可されたメールサーバーのリストです。誰かがあなたにメールを送ろうとすると、そのサーバーはあなたのドメインのSPFレコードをチェックし、メッセージを受け入れるべきかどうかを判断します。

SPFポリシーレコードとは何ですか?

SPFレコードは、どのサーバーがお客様のドメイン名の代わりにメールを送信することを許可されているかを定義するTXTレコードです。誰かがこれらのサーバーの1つからメールを送信しようとしても、このテストに合格しない場合、そのサーバーはお客様のドメイン名の代わりにメールを送信する許可を持っていないため、当社からのメールを受信することはできません。

SPFポリシーの仕組み

SPF Policyは、電子メールのなりすましを防止するためのサービスです。そのAPIにより、メールの送信者を検証し、メールサーバーがフィッシングやスパムに利用されていないことを確認することができます。

ドメインのSPF、DKIM、DMARCレコードを設定することができるフレームワークです。

以下の手順で、その仕組みを説明します。

  1. SPFレコードを作成し、他のメールサーバーに、どのサーバーがあなたのドメインからのメール送信を許可されているかを知らせます。これにより、メッセージの「From」フィールドにお客様のドメインを使用した不正なメールの送信を防ぐことができます。
  2. DKIMレコードを作成すると、あなたのドメインから送信されるすべてのメッセージにデジタル署名が追加され、受信者は、あなたからのメッセージであると主張するメッセージがあなたから来たものであることを確認できるようになります。誰かがあなたのドメインのIDを使用してメールを送信すると、受信者は電子メールシステムに保存されている公開鍵ハッシュとデジタル署名を照合することができます。これにより、承認されたユーザーのみがあなたのドメインに代わってメッセージを送信できるようになり、誰かが他のユーザーのIDを偽装して、そのユーザーからのメッセージであると主張するメッセージを送信するスプーフィング攻撃を防ぐことができるようになります。

SPFポリシーを導入するメリットは何ですか?

1.デリバラビリティの向上

SPFレコードが適切に設定されていれば、受信者やスパムフィルターからスパムメールの苦情を受ける可能性を大幅に減らすことができます。

2.ドメインレピュテーションの向上

SPFを使用すると、ドメインの代わりに電子メールを送信することを許可されるサーバーを指定できます。あなたの会社からのメールだと主張するメールを受け取った人は、送信者のIPアドレスをメッセージヘッダのSPFポリシーと照らし合わせることができます。一致するものがない場合、そのメールはあなたの会社から来たものではないことがわかります。ヘッダーを偽装したなりすましメールを送信しても、あなたのドメインに有効なSPFレコードがあれば、なりすましは成功しません。

3.スパムメールを減らす

SPFを利用することで、ユーザーからの正規のメールがより確実に受信箱に届くようになり、企業が受けるスパムメールの苦情が減少します。

4.フィッシング攻撃からの保護

フィッシング攻撃は、偽装された電子メールアドレスを使って、リンクをクリックさせたり、マルウェアをダウンロードさせたりするものです。SPF(または他の方法)を使用することで、受信者に、許可された送信元からのメールのみを信頼するよう知らせることができます。

5.なりすましメール対策

SPFを使用すると、不正な送信元からメールが送信されるのを防ぐことができます。特に、悪意のある第三者が貴社のロゴや名前を記載したフィッシングメールを送信した場合、貴社のブランドの評判を保護するのに役立ちます。

6.直帰率の低減

SPFポリシーは、ブロックされたドメインへのメール送信を回避し、スパムフィルタリングの問題によるバウンス率の上昇を防ぐのに役立ちます。

SPFポリシーはどのように作成するのですか?

SPFレコードはDNS(Domain Name System)レコードに格納され、メールシステムはドメイン名とドメイン内のサーバーを特定する192.0.2.1などのIPアドレスの対応付けに使用します。

以下は、SPFポリシーの作成方法です。

  • メール送信に使用されたIPアドレスを収集する。
  • 送信ドメインのリストを作成します。
  • DNSレコードにフリーポリシーを作成するには、当社の SPFレコード作成ツールツールをご利用ください。

SPFポリシーを作成する際に考慮すべきことは?

SPFポリシーは、ブランドを保護するための素晴らしい方法です。しかし、SPFポリシーを作成する際に考慮すべきことは何でしょうか?

以下のガイドラインを参考に、しっかりとしたポリシーを構築してください。

1.DNSのSPFレコードポリシーに、すべてのメール送信者の完全なリストが含まれていること。

これは、SPFレコードの最も重要な点です。すべてのメール送信者をリストアップしなければ、なりすまし攻撃を防ぐことはできません。つまり、会社の代わりに第三者が送信している場合や、従業員が個人アカウントで送信している場合、それらのメールもSPFポリシーに含める必要があります。

2.TXTレコードがDNSルックアップの10回制限を下回っていることを確認します。 

SPFのDNSルックアップは10個までしか許可されないので、多すぎるのは問題です。様々なサードパーティベンダーを通じて運営されている組織では、この制限を簡単に超えてしまい、本物の電子メールのSPFに失敗する危険性がある。 

An SPFフラット化を使うと、複数のDNS検索リクエストを1つのリクエストにまとめることができるため、より少ないリクエストでより多くの作業をこなすことができます。

3.TXTレコードが255文字のSPF長さの制限内であることを確認します。

つまり、1行のテキストはすべて、単語間のスペースや句読点(ピリオドなど)を加えずに255文字以内に収めなければなりません。これにより、ISPはより迅速かつ効率的にレコードを処理することができます。SPF文字列の文字数制限を超えると、SPFが解除され、レコードが無効となります。 

結論

最終的に、SPFポリシーは組織を保護するための追加レイヤーであり、他の人があなたのドメインを確認し、信頼することを奨励します。長期的に見れば、これはお客様のブランドとメールマーケティング活動の成功の両方にとって有益なことです。すぐに導入する必要はありませんが、長期的なメール戦略の一環として取り組むべきでしょう。